コロラド州知事、サイケデリクス(幻覚剤)合法化法案に署名

コロラド州知事、サイケデリクス(幻覚剤)合法化法案に署名

/

5月23日、米国コロラド州知事は自然由来のサイケデリクス(幻覚剤)を合法化する法案「SB23-290」に署名しました。法案は今年7月1日より発効されます。

この法案は、昨年末の住民投票で承認された「提案122号」に基づいて、今年4月に作成されたもの。法案の審議は急ピッチで進められ、5月上旬にはコロラド州議会の上院・下院の両院で可決。その後、法案はジャレッド・ポリス(Jared Polis)州知事のもとへ送付されていました。

同法案は、21歳以上の成人による自然由来のサイケデリクス(シロシビン、イボガイン、メスカリン、DMT、シロシン)の所持、栽培を合法化するもの。さらに、21歳以上の成人はヒーリングセンターにおいてファシリテーターの指導のもと、これらの物質の使用が可能となる予定です。

また、この法案では、合法化された内容の過去の犯罪歴を封印する内容も含まれています。

「SB23-290」の主な内容は、具体的に以下の通り。

  • 21歳以上の成人はシロシビン、イボガイン、メスカリン(ペヨーテ由来のものは除く)、DMT、シロシンを制限なく所持できる。公共の場での使用や未成年の使用に対しては、100ドル(約14,000円)の罰金が課される。合成のサイケデリクス(LSDやMDMAなど)は許可されない。

  • 21歳以上の成人は、12×12フィート(約13㎡)を越えない個人宅の密閉された空間において、サイケデリクスを含んだ菌類や植物を栽培できる。規定範囲を越えた栽培は1,000ドル(約14万円)の罰金が課される。

  • この法案で合法化された内容に関連した過去の犯罪歴は、今後封印できる道が用意される。

  • 歳入庁の下に新設される「自然医学部門」が、プログラムの規制やライセンスの発行を担当する中心的な役割を果たす。ライセンスは「ヒーリングセンター」「栽培施設」「製品製造業者」「試験施設」の4種類において発行される予定。ライセンス申請の受付開始期限は、2024年12月31日とされている。

  • 小売店での販売は認められないが、ヒーリングセンターでファシリテーターの指導のもと、まずはシロシビンやシロシンの使用が可能となる予定。同じようにして今後、規制当局はイボガイン、DMT、メスカリンの使用も認可できる。

ヒーリング・アドボカシー・ファンド(Healing Advocacy Fund)のCEOであるタシア・ポインサット(Tasia Poinsatte)氏は「SB290が法律となった今、コロラド州は精神衛生状態に悩むコロラド州民のために、安全で効果的で公平なサイケデリクスセラピー・システムを作るための正しい軌道に乗っています」「立法過程を通じて、私たちは提案122号の精神を守り、必要としているコロラド州の人々のために、サイケデリクス療法の癒しの可能性を最大限に引き出す努力をしました」とコメント。

精神科医であり、統合精神医学センター(Integrative Psychiatry Centers)の共同創業者であるウィル・ヴァン・ダーバー(Will Van Derveer)氏は「新しい法律は、私のような医師が治癒しようとしている患者に、より多くの選択肢を提供するのに役立つでしょう」と述べています。

州レベルで大麻の合法化が進むアメリカでは、サイケデリクスにおいても各州で改革が進められています。

オレゴン州はコロラド州よりも先んじて、サービスセンターにおけるシロシビンの使用を合法化。今月には、この運用に向けて設けられた4つの事業(生産者ファシリテーター、検査ラボサービスセンター)全てにおいて、少なくとも1つのライセンスが承認されています。

カリフォルニア州上院議員らは5月25日、特定量のシロシビン、シロシン、DMT、イボガイン、メスカリンを合法化する法案を可決。今後は下院で審議が行われます。

5月24日、全米で23番目の嗜好用大麻合法州となるのが目前に迫っているミネソタ州では、サイケデリクスの合法化に備えるためのタスクフォースを設立する法案に州知事が署名。このタスクフォースでは、シロシビン、MDMA、LSDの治療効果に関する既存の研究論文の調査や、サイケデリクス治療の合法化に必要な法改正や規制の策定などが行われます。

米国医師会(AMA)は5月初め、シロシビン製剤とMDMA補助療法に対し医療コード(CPTコード)を承認。コードは5年間有効であり、この間にFDAから承認されれば、今後これらのサイケデリクス治療が医療従事者に広く使用され、保険適用となる可能性があります。

3月に公開されたアメリカの調査では、米国民の半数以上が、MDMAやシロシビンなどのサイケデリクスによる治療やサイケデリクスの非犯罪化を支持していたことが報告されています。

Marijuana Moment「Colorado Governor Signs Psychedelics Regulation Bill Into Law」https://www.marijuanamoment.net/colorado-governor-signs-psychedelics-regulation-bill-into-law/

Denver Westword「Governor Jared Polis Signs Colorado Psychedelics Bill」https://www.westword.com/marijuana/colorado-psychedelics-laws-take-effect-july-16931189

Marijuana Moment「California Senate Passes Bill To Legalize Psychedelics Possession And Facilitated Use」https://www.marijuanamoment.net/california-senate-passes-bill-to-legalize-psychedelics-possession-and-facilitated-use/

Marijuana Moment「Minnesota Governor Signs Bills To Create Psychedelics Task Force And Allow Safe Drug Consumption Sites」https://www.marijuanamoment.net/minnesota-governor-signs-bills-to-create-psychedelics-task-force-and-allow-safe-drug-consumption-sites/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。