オレゴン州、全米初ライセンスを続々と発行 シロシビンセンター開始に向け前進

オレゴン州、全米初ライセンスを続々と発行 シロシビンセンター開始に向け前進

/

米国オレゴン州は2023年1月1日より、具体的な規制のもとでサービスセンターにおけるシロシビンの使用を全米で初めて合法化。翌日1月2日よりオレゴン州保健局(OHA)は、生産者、ファシリテーター、ラボ、サービスセンターの4種類のライセンスの申請受付を開始しました。

サービスセンターの運用に向け準備は着実に進められ、3月22日にはセンターで使用するシロシビンの生産ライセンスが全米で初めて発行されています

これに続く形で4月18日、サービスセンターで21歳以上の成人にシロシビンの投与を行うファシリテーターが全米で初めて承認され、3名にライセンスが発行されました。

オレゴン州保健局シロシビンサービス部門マネージャーのアンジー・アルビー(Angie Allbee)氏はプレスリリースで、「オレゴンで初めてライセンスを取得したファシリテーターを祝福したいと思います」「シロシビンサービスを提供する仕事が形になり、サービスセンターの開設が近づくにつれ、私たちはクライアントの安全とアクセスに対するあなた方の献身に感謝します」とコメント。

さらに、オレゴン州保健局は4月21日に、全米初となるシロシビン製品の検査ライセンスをローズシティ・ラボラトリーズ(Rose City Laboratories)に発行したことも発表。アルビー氏はプレスリリースで、「ラボでの検査によりシロシビン製品の安全性が確保され、シロシビンの効能が正確に表示されることで、クライアントはニーズに合った製品で投与セッションに参加することが可能になります」と述べています。

サービスセンターライセンスに関しては、今後数ヶ月以内に承認される予定です。

それ以外にもオレゴン州保健局は、4月19日の時点でサービスセンターにおける302件の労働許可及びライセンス申請を受け付けており、このうち60件の労働許可申請を承認しています。

オレゴン州でシロシビンセンターの利用が可能となるのは、2023年半ばから後半頃になる見込みですが、まだ課題は残っています。

例えば、オレゴン州内36郡のうち25郡がサービスセンターの設置を受け入れておらず、地方でサービスセンターにアクセスするのは困難な見通しとなっています。

また、オランダに拠点を置く企業であり、シロシビンファシリテーターを養成するシンサシス・インスティチュート(Synthesis Institute)社は、オレゴン州で200名以上もの生徒を抱えていたにも関らず、3月21日に裁判所から破産宣告を受けたことが明らかとなっています。

現在シロシビンを合法的に使用できるセンター設置を進めているのはオレゴン州だけではありません。2022年末にオレゴン州とほぼ同様の法案を可決したコロラド州では、具体的な規制法案が提出され、現在上院で審議が行われています。

米国ではシロシビンなどのサイケデリクス(幻覚剤)に対する世論の見方は変化してきており、2023年3月に公開された調査では、米国有権者の半分以上がシロシビンなどのサイケデリクスの非犯罪化を支持していることが明らかとなっています。

シロシビンはマジックマッシュルームに含まれるサイケデリクスであり、うつ病、PTSD、終末期における不安など、精神疾患を中心に有効性が期待されています。このことから、シロシビンは米国だけでなく、世界でも注目を集めています。

カナダのブリティッシュコロンビア州に本社を置くルーシー・サイエンティフィックディスカバリー(Lucy Scientific Discovery)社は、偏頭痛、群発頭痛、三叉神経痛(顔面痛)、うつ病の治療を目的とし、CBDとシロシビンを独自に配合した医薬品の開発を進めています

ヨーロッパを拠点とする製薬会社「MGCファーマシューティカルズ」は4月3日、スロベニア国内で初めてシロシビンの研究が承認されたことを発表しています

オーストラリアでは2023年7月1日より、医療機関による厳格な管理のもと、医療目的でシロシビンとMDMAの使用が可能となる予定。蓄積された既存のエビデンスに基づき、MDMAはPTSDに、シロシビンは難治性のうつ病に処方が許可される予定となっています。

Oregon Health Authority「Oregon Health Authority licenses first psilocybin facilitators」https://content.govdelivery.com/accounts/ORDHS/bulletins/35576dd

Oregon Health Authority「Oregon Health Authority issues first psilocybin laboratory license」https://content.govdelivery.com/accounts/ORDHS/bulletins/3561877

Marijuana Moment「Oregon Approves Nation’s First Psilocybin Facilitator Licenses To Administer Psychedelic」https://www.marijuanamoment.net/oregon-approves-nations-first-psilocybin-facilitator-licenses-to-administer-psychedelic/

Marijuana Moment「Oregon Approves First-Ever Psilocybin Testing Laboratory As State Prepares To Open Psychedelic Services」https://www.marijuanamoment.net/oregon-approves-first-ever-psilocybin-testing-laboratory-as-state-prepares-to-open-psychedelic-services/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

米国民の69%が嗜好用大麻の合法化を支持

アメリカのニュース放送局「FOX NEWS」の最新世論調査によれば、米国民の10人に7人が嗜好用大麻の合法化を支持しています。 この世論調査は5月10日から13日にかけ、米国有権者から無作為に抽...