シロシビンやMDMAなどサイケデリクス(幻覚剤)の非犯罪化を米国の半数以上が支持

シロシビンやMDMAなどサイケデリクス(幻覚剤)の非犯罪化を米国の半数以上が支持

/

3月19日、米国有権者の半数以上が、シロシビンやMDMAといったサイケデリクス(幻覚剤)による治療やそれらの単純所持に対する非犯罪化を支持していることが、「Breakthrough Bulletin」の調査により明らかとなりました。

アメリカでは今年に入り、すでに12以上の州でサイケデリクスの研究促進や非犯罪化に関する法案が提出されています。また、オレゴン州やコロラド州ではすでにサイケデリクスが非犯罪化されており、精神疾患患者を対象とし、専門のトレーニングを受講したファシリテーターのもと、シロシビンによる治療を可能にするプログラムの準備も進められています。

都市レベルでも、カリフォルニア州のサンフランシスコ、ミシガン州のデトロイトなど一部の主要都市において、サイケデリクスが非犯罪化されています。

そんな背景の中、今回の調査は2023年2月26日から3月3日にかけて実施され、1,704名から回答が得られました。

規制された中で、21歳以上の成人がサイケデリクスによる精神療法にアクセスすることを支持するかという質問に対し、回答者の60%(民主党支持者の72%、共和党支持者の49%、無党派の58%)が「支持」、23%が「反対」と回答。

この支持の割合は、PTSD、うつ病、不安症などの精神疾患に対するサイケデリクスの有効性を示すエビデンスが増加していることや、食品医薬品局(FDA)がシロシビンとMDMAを「画期的治療法」として認めたことについて情報提供することで、68%(民主党72%、共和党67%、無党派64%)にまで増加。

さらに、サイケデリクスは幻覚を見たり、現実が変化したかのように知覚されることで知られており、患者と治療者の両方にとって危険となり得ることや、未だエビデンスが不十分であるといったネガティブな情報提供をした後でも、サイケデリクス治療に対する支持は58%(民主党76%、共和党42%、無党派53%)で半数以上を占めました。

また、シロシビンによる治療を可能にする法案の成立に賛成する議員がいた場合、次の選挙でその議員を支持するかという質問に対しても、58%(民主党71%、共和党48%、無党派56%)が「支持する」と回答。

最後に、精神疾患に有効性が示されているシロシビンやMDMAなどのサイケデリクスの単純所持において、刑事罰をなくす連邦法改正に賛成するかという質問に対し、「反対」と回答した人は29%と少数である一方、「賛成」と回答した人は半数以上(53%)であることが明らかとなりました(民主党64%、共和党42%、無党派55%)。

現在アメリカでは、シロシビンとMDMAは規制物質法でスケジュールⅠ(乱用の危険があり、医療的価値が低い)の物質に分類されています。このような中、連邦議員らは今年、これらの物質の研究と医薬品開発を促進するため、再スケジューリング実施に向けた改正法案を提出しています。

また、下院の民主党議員ルー・コレア(Lou Correa)氏と共和党議員ジャック・バーグマン(Jack Bergman)氏は、シロシビンやMDMAなどのサイケデリクスによる精神治療の研究と認知を促進するための党員集会「PATH(Psychedelics Advancing Therapies Caucus)」を結成。これは昨年11月に結成した「PACT(Psychedelics Advancing Clinical Treatment Caucus)」を改名し、活動を再出発させたものになります。

サイケデリクスに対する動きは、他国でもみられています。

オーストラリアでは2023年7月1日より、医療機関による厳格な管理のもと、治療目的でシロシビンとMDMAの使用が可能となる予定。蓄積された既存のエビデンスに基づき、MDMAはPTSDに、シロシビンは難治性のうつ病に処方が許可される予定となっています。

Breakthrough Bulletin「New Poll Shows Strong Support For Psychedelic Medicine」https://www.breakthroughbulletin.com/issues/new-poll-shows-strong-support-for-psychedelic-medicine

Marijuana Momont「Majority Of Americans Back Legalizing Psychedelics Therapy And Federally Decriminalizing Substances Like Psilocybin, Poll Finds」https://www.marijuanamoment.net/majority-of-americans-back-legalizing-psychedelics-therapy-and-federally-decriminalizing-substances-like-psilocybin-poll-finds/

Marijuana Moment「CongressionalCory Booker And Rand Paul File Revised Bill To Reschedule Psychedelic Breakthrough Therapies」https://www.marijuanamoment.net/cory-booker-and-rand-paul-file-revised-bill-to-reschedule-psychedelic-breakthrough-therapies/

Marijuana Moment「Congressional Lawmakers Relaunch Psychedelics Caucus To Promote Studies On Therapeutic Use」https://www.marijuanamoment.net/congressional-lawmakers-relaunch-psychedelics-caucus-to-promote-studies-on-therapeutic-use/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。