マルタ、国内初の大麻クラブが営業開始

マルタ、国内初の大麻クラブが営業開始

/

1月30日、マルタ共和国のARUC(大麻管理当局)は国内初となる「大麻クラブ」の運営が開始されたことを発表しました

マルタは2021年末、ヨーロッパで初めて嗜好用大麻を合法化。これにより、18歳以上のマルタ国民は7gまでの大麻の所持(一世帯では50gまで)や4株までの大麻の自家栽培が可能となりました。

マルタでは、アメリカの合法州やカナダで見られるような大麻の一般販売は行なわれません。しかし、マルタ国民は非営利団体によって運営される協会「大麻クラブ」の会員になることで、協会内でTHC0.2%を超える大麻を入手することが可能とされています。

ARUCは2023年10月、大麻クラブの運営ライセンスを2つの協会に初発行。今回、このうちの1つの協会であるKDD Societyにおいて、会員への大麻の配布が開始されました。

配布された大麻は全ての検査に合格し、汚染物質が含まれていないことが確認されています。これらの検査はカンナビノイドの含有量に加え、微生物、細菌、カビ、酵母、重金属、水分含有量、汚物、異物についても調べており、安全性を保証するものとなっています。

これらの検査に合格した大麻は、ARUC独自のラベルやシールによって識別可能です。

国内初の大麻クラブの営業が開始されたことについて、ARUCは「非営利の大麻の種から流通までのアプローチに関する規定の制定から1年後、CHRA(大麻クラブ)が公衆衛生とハームリダクションのアプローチに基づき、高度に規制された方法で運営を開始したことを喜ばしく思う」と述べています

現在マルタでは、6つの協会が大麻クラブの運営を許可されています

なお、大麻クラブはマルタ居住者しか利用することができません。

マルタを先頭とし、ヨーロッパでは”大麻改革”の推進が活発化しています。

ドイツは成人における大麻の所持と栽培を合法化するとともに、大麻クラブの利用を可能にする法案を今年中に成立させる予定。嗜好用大麻の試験販売に関する法案も今後提出される計画となっています。

スイスオランダでは、すでに嗜好用大麻の試験販売が開始されています。

ルクセンブルクは2023年7月、成人における嗜好用大麻の所持・栽培を合法化。嗜好用大麻の試験販売も実施する予定となっていましたが、この計画は11月に誕生した新政権により凍結されました

チェコは大麻の自家栽培を合法化する方針。法案の草案者は大麻クラブや嗜好用大麻の試験販売なども視野に入れていますが、これらについてはまだ連立政党内でコンセンサスが得られていません。

スペインでは、新たに就任した保健大臣が今後数ヶ月以内に医療用大麻規制を承認する意向を表明

フランスでは2025年以降、医療用大麻が一般医療の枠組みの中で扱われることになり、他の治療法が有効でなかった場合の最終手段として医師から処方を受けることができるようになります。

ウクライナ議会は2023年12月、医療用大麻合法化法案を可決。同法はウォロディミル・ゼレンスキー(Volodymyr Zelensky)大統領が署名した後、2024年後半に施行される見込みです。

Newsweed「Le premier Cannabis Club de Malte commence à distribuer du cannabis à ses membres」https://www.newsweed.fr/premier-cannabis-club-malte/

Times of Malta「Malta’s first legal cannabis club begins operating」https://timesofmalta.com/articles/view/malta-first-legal-cannabis-club-begins-operating.1080986

MaltaToday「First cannabis association begins operating」https://www.maltatoday.com.mt/news/national/127286/first_cannabis_association_begins_operating_

Malta Daily「Malta’s First Cannabis Club Begins Operation」https://maltadaily.mt/maltas-first-cannabis-club-begins-operation/

Lovin Malta「Malta’s First Cannabis Association Now ‘Fully Operational’ As Distribution To Members Kicks Off」https://lovinmalta.com/lifestyle/announcements/maltas-first-cannabis-association-now-fully-operational-as-distribution-to-members-kicks-off/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。