チェコ、大麻の自家栽培を合法化する方針

チェコ、大麻の自家栽培を合法化する方針

/

1月10日、チェコ政府は大麻規制に関する最新の草案を発表。これによれば、以前に発表した計画から”改悪”はされたものの、大麻の自家栽培は合法化される方針となっています。

チェコ政府は2023年4月、嗜好用大麻の消費、栽培、流通を合法化する計画を発表。この計画では、専用のデータベースに登録した成人は、個人使用目的で1日5gまでの大麻を購入・消費できる予定となっていました。

同年秋、国家麻薬対策コーディネーターであるインドリッヒ・ボボジル(Jindřich Vobořil)氏は、連立政党の指導者たちに法案の概要を提示。ボボジル氏を中心とした専門家グループは、11月より具体的な法案作成に取り組んできましたが、最終的にコンセンサスが得られたのは”大麻の自家栽培のみ”でした。

ボボジル氏は「私たちは、限られた数の植物(大麻)の自家栽培について合意した。これは、自分で使用するために少量の大麻を栽培する成人の非犯罪化を意味する」と説明。また、ボボジル氏によれば、マルタやドイツが考案しているような「大麻栽培クラブ」も認められる可能性があります

しかし、下院副議長であるキリスト教民主同盟(チェコスロバキア人民党)のヤン・バルトシェク(Jan Bartošek)議員は「大麻が小売業や卸売業に組み込まれることには以前から反対してきたが、自家用に数株を栽培する人々を不必要に迫害することには意味がないと考えている」としながらも、栽培クラブについては「同党は受け入れるつもりはない」と述べています

伝統的に大麻合法化を強く主張してきたチェコ海賊党は、この法案について「妥協案」と表現し、今後法案を追加修正するために交渉を行うことを表明。海賊党のクララ・コクマノヴァー(Klára Kocmanová)議員は「前世紀におけるアメリカの禁酒法のように、大麻を犯罪化する現在のやり方がうまくいかないことは明らかです」と主張しました

また、コクマノヴァー議員は大麻を合法的に入手できるようにすることで、違法市場や未成年の大麻使用を抑制し、医療目的で大麻を栽培する人々への嫌がらせを防ぐことができると述べています。

ボボジル氏は以前より、大麻の生産、流通、販売は厳格な規制によりコントロールすることができ、禁止よりも効果的であると主張。加えて、ボボジル氏は合法的な大麻市場により年間数十億CZK(チェココルナ)の税収がもたらされるとアピールしてきました。

そのため、ボボジル氏は現在も合法大麻市場の確立について「私は諦めていない。チャンスはある」と語っています

なお、ボボジル氏は自身の法案と同様のアプローチをとる国として、ドイツ、オランダ、ルクセンブルク、マルタを挙げています。今後ボボジル氏は、スイスで行われているような嗜好用大麻の試験販売プログラムを可能にする内容も法案に組み込みたいと考えています。

チェコではすでに15gまでの大麻の所持、5株までの大麻の栽培が非犯罪化されており、2013年には医療用大麻も合法化されました。また、産業用大麻(ヘンプ)のTHC制限値についても、2022年に1.0%にまで引き上げられました

このような流れの中、ペトル・パベル(Petr Pavel)大統領は2023年に嗜好用大麻の合法化に対し支持を表明しています

チェコのように、ヨーロッパの国々では着実に大麻合法化に向けた動きが加速しています。

マルタは2021年末、ヨーロッパで初めて嗜好用大麻を合法化。2023年10月には、非営利で大麻の栽培と販売を行う「大麻クラブ」の運営ライセンスが初発行されており、今年中には国内初の大麻クラブがオープンする見込みとなっています。

ドイツは成人における大麻の所持と栽培を合法化するとともに、非営利の大麻栽培クラブの利用を可能にする法案を今年中に成立させる予定。嗜好用大麻の試験販売に関する法案も今後提出される計画となっています。

スイスオランダでは、すでに嗜好用大麻の試験販売が開始されています。

ルクセンブルクは2023年7月、成人における嗜好用大麻の所持・栽培を合法化。嗜好用大麻の試験販売も実施する予定となっていましたが、この計画は11月に誕生した新政権により凍結されました

České noviny「Piráti: Norma upravuje konopné kluby a samopěstování, ne regulaci trhu」https://www.ceskenoviny.cz/zpravy/pirati-navrh-normy-upravuje-konopne-kluby-a-samopestovani-ne-regulaci-trhu/2463948

Novinky.cz「Samopěstování konopí má šanci, pro jsou i lidovci」https://www.novinky.cz/clanek/domaci-samopestovani-konopi-ma-sanci-pro-jsou-i-lidovci-40456894

Echo24.cz「Vláda brzdí s legalizací marihuany. Povolí pouze pěstování a konopné kluby」https://echo24.cz/a/HnxF4/zpravy-domov-narodni-protidrogovy-koordinator-voboril-predstavil-navrh-regulace-konopi

leafie「Czech Republic dials back proposals for cannabis reform」https://www.leafie.co.uk/news/czech-republic-dials-back-cannabis-plans/

Benzinga「BREAKING: Czech Lawmakers Release ‘Compromise Version’ Of Cannabis Bill, Self-Cultivation Has A Chance」https://www.benzinga.com/markets/cannabis/24/01/36592290/breaking-czech-lawmakers-release-compromise-version-of-cannabis-bill-self-cultivation-has-a-chan

CannaReporter「Luxembourg: new government freezes cannabis legalization」https://cannareporter.eu/en/2023/11/24/Luxembourg-new-government-freezes-cannabis-legalization/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。