米国麻薬取締局、研究用に大麻成分や幻覚剤の増産を決定

米国麻薬取締局、研究用に大麻成分や幻覚剤の増産を決定

/

米国DEA(麻薬取締局)は登録製造業者の求めに応じ、医学的・科学的研究のニーズを満たすためにTHC、シロシビン、シロシン、DMT、イボガインを増産することを決定しました

1月3日に公開されたDEAの通知によれば、2024年におけるデルタ9THCの生産割当量は152万3,040gで昨年(38万4,460g)の約4倍に。その他全てのTHC(デルタ8THCやデルタ10THCなど)の生産割当量は116万6,130gとされ、昨年(1万5,000g)の約78倍とされました。

その他全てのTHCにおける大幅な増産には、2018年に米国でデルタ9THC0.3%以下の大麻(ヘンプ)が合法化され、意図せずしてデルタ8THCやデルタ10THCを含む製品が流通するようになったことが一因として挙げられます。

大麻と大麻抽出物に関しては、昨年と同量とされました(大麻:667万5,000g、大麻抽出物:100万g)。

また、DEAはシロシビン、シロシン、DMT、イボガインといった幻覚剤(サイケデリクス)に関しても増産することを決定。2024年におけるそれぞれの生産割当量は昨年と比べ、シロシビンで2.5倍、シロシンで2倍、DMTで約4倍、イボガインで5倍とされました。

MDMA、LSD、メスカリンについては、昨年と同量とされています。

物質名

2023年

2024年

デルタ9THC

384,460g

1,523,040g

その他THC

15,000g

1,166,130g

大麻

6,675,000g

6,675,000g

大麻抽出物

1,000,000g

1,000,000g

シロシビン

8,000g

20,000g

シロシン

12,000g

24,000g

DMT

3,000g

11,000g

イボガイン

30g

150g

MDMA

12,000g

12,000g

LSD

1,200g

1,200g

メスカリン

1,200g

1,200g

幻覚剤の増産には、メンタルヘルスを中心とした疾患に対する研究ニーズが高まっていることが背景にあります。

最近では、PTSDに対するMDMA治療の新薬申請がFDA(食品医薬品局)に提出され、2024年1月1日には米国医師会(AMA)が承認したシロシビン及びMDMA治療の医療コードが有効となりました

また、2023年にはオレゴン州で全米初のシロシビンサービスセンターが誕生し、コロラド州でも幻覚剤が合法となりました

なお、現在DEAは保健福祉省の勧告に基づき、大麻を規制物質法における「スケジュールⅢ」の物質に再分類するかどうかを検討中。

このような中、DEAは2023年12月、薬局で医療用大麻オイルの販売を開始したジョージア州に対し、「連邦法に違反している」と警告しています

Marijuana Momemt「DEA Calls For Even More THC, Psilocybin And DMT To Be Produced For Research In 2024」https://www.marijuanamoment.net/dea-calls-for-even-more-thc-psilocybin-and-dmt-to-be-produced-for-research-in-2024/

Marijuana Momemt「DEA Calls For Massive Increases In Psilocybin, Ibogaine And THC Manufacturing This Year To Meet Research Demands」https://www.marijuanamoment.net/dea-calls-for-massive-increases-in-psilocybin-ibogaine-and-thc-manufacturing-this-year-to-meet-research-demands/

Marijuana Momemt「DEA Wants Nearly 1 Million Grams Of Delta-9 THC Manufactured For Research Next Year In Latest Schedule I Quota Hike」https://www.marijuanamoment.net/dea-wants-nearly-1-million-grams-of-delta-9-thc-manufactured-for-research-next-year-in-latest-schedule-i-quota-hike/

Federal Register「Established Aggregate Production Quotas for Schedule I and II Controlled Substances and Assessment of Annual Needs for the List I Chemicals Ephedrine, Pseudoephedrine, and Phenylpropanolamine for 2024」https://www.federalregister.gov/documents/2024/01/03/2023-28962/established-aggregate-production-quotas-for-schedule-i-and-ii-controlled-substances-and-assessment

Federal Register「Proposed Adjustments to the Aggregate Production Quotas for Schedule I and II Controlled Substances and Assessment of Annual Needs for the List I Chemicals Ephedrine, Pseudoephedrine, and Phenylpropanolamine for 2023」https://www.federalregister.gov/documents/2023/10/31/2023-23931/proposed-adjustments-to-the-aggregate-production-quotas-for-schedule-i-and-ii-controlled-substances

High Times「DEA Notice Shows Increase in Research Amounts for THC, Psilocybin, DMT, and More」https://hightimes.com/news/dea-notice-shows-increase-in-research-amounts-for-thc-psilocybin-dmt-and-more/

Marijuana Momemt「DEA Threatens Georgia Pharmacies Over Dispensing Medical Marijuana Under State Law」https://www.marijuanamoment.net/dea-threatens-georgia-pharmacies-over-dispensing-medical-marijuana-under-state-law/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。