米農務省、THCとCBDを生成しないゲノム編集ヘンプを承認

米農務省、THCとCBDを生成しないゲノム編集ヘンプを承認

/

3月20日、米国農務省(USDA)はウィスコンシン大学の研究者が開発したゲノム編集ヘンプを承認。この「Badger G」と呼ばれるヘンプはTHCCBDを生成せず、代わりにCBGが多く含まれるように改良されています

農務省の動植物検疫局(APHIS)はこのヘンプの安全性を検証した結果、他の栽培植物と比べて害虫リスクが増加する可能性が低いと判断

そのため、「Badger G」は米国内で安全に栽培・繁殖できる可能性があり、7 CFR part 340(バイオテクノロジー規制の1つ)による規制の対象とはならないとされました。

動植物検疫局によるゲノム編集ヘンプの承認は、2023年10月にTHCとCBCを極めて低濃度に維持するよう改良された品種に続き、2例目となります。

アメリカでは2018年の農業法により、THC0.3%以下の大麻(ヘンプ)が合法化されています。しかし、ヘンプに含まれるカンナビノイドは熱によって影響を受けやすい特徴があるため、この制限値を遵守することは容易ではありません。

当然のことながら、THC制限値を超えたヘンプは破棄するしかなく、農家はその分損失を抱えることになります。このことは今後大麻に関する法改正がなされ、成分規制が導入される日本においても課題となる可能性があります。

ウィスコンシン大学マディソン校のウィスコンシン・クロップ・イノベーション・センターは動植物検疫局に提出した承認申請書の中で、米国産ヘンプの約25%がこの問題により破棄されていると指摘。このような中、THCを生成しないゲノム編集ヘンプはこれらのロスを削減するのに役立つと述べています

今回の承認は、米国農務省がヘンプに注目していることを示す一例となります。農務省は最近、オレゴン州立大学を通じてヘンプの研究に1000万ドル(約15億円)を投資することも発表しました

なお、米国の農業法は通常5年おきに改正されます。そのため、ヘンプを合法化した2018年の農業法は本来であれば2023年9月に改正される予定でしたが、現在これは延期されており、2024年中に改正される方針となっています。

※為替は記事公開時点のレートで計算しており、リンク先の記事と日本円の数字が異なることがあります。最新の米ドル・円の相場はこちら

Marijuana Moment「USDA Approves Genetically Modified Hemp That Produces No THC Or CBD」https://www.marijuanamoment.net/usda-approves-genetically-modified-hemp-that-produces-no-thc-or-cbd/

Benzinga「USDA-Approved THC And CBD-Free Hemp Strain Seeks To Curb ~25% Crop Loss Due To Non-Compliance」https://www.benzinga.com/markets/cannabis/24/03/37895882/usda-approved-thc-and-cbd-free-hemp-strain-seeks-to-curb-25-crop-loss-due-to-non-compliance

Animal and Plant Health Inspection Service「APHIS Issues Regulatory Status Review Responses」https://www.aphis.usda.gov/news/program-update/aphis-issues-regulatory-status-review-responses-0

MJBizDaily「USDA approves genetically modified hemp strain that’s THC- and CBD-free」https://mjbizdaily.com/usda-approves-genetically-modified-hemp-strain-thats-thc-and-cbd-free/

Marijuana Moment「New USDA Hemp ‘Roadmap’ Highlights Research Needs And Proposes Public-Private Consortium To Streamline Studies」https://www.marijuanamoment.net/new-usda-hemp-roadmap-highlights-research-needs-and-proposes-public-private-consortium-to-streamline-studies/

Benzinga「USDA Invests $10M In Hemp Research, Tribal Lands And Biden’s Hemp Biotech Initiative」https://www.benzinga.com/general/biotech/24/03/37633391/usda-invests-10m-in-hemp-research-tribal-lands-and-bidens-hemp-biotech-initiative

USDA「USDA Celebrates Second National Biobased Products Day」https://www.usda.gov/media/press-releases/2024/03/08/usda-celebrates-second-national-biobased-products-day

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

イギリス、ヘンプの栽培規制を緩和

4月9日、イギリス政府は経済的・環境的可能性を最大限に引き出すため、ヘンプの栽培規制を緩和することを発表。この新たな規制は2025年の栽培シーズンより施行されます。 イギリスにおいてヘン...

マラウイが高THC大麻の栽培を承認

マラウイ共和国の議会は、認可された栽培業者が輸出を目的とし、THC濃度の高い国産大麻を栽培することを承認しました。 アフリカの南東部に位置するマラウイはタバコの主要な生産国であり、国...