カナダ・トルドー首相、嗜好用大麻合法化による国際的反発はないと発言

カナダ・トルドー首相、嗜好用大麻合法化による国際的反発はないと発言

/

カナダのジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)首相は最近のインタビューで、国内で嗜好用大麻が合法化されて以降、国際的な反発や制裁を受けていないことを明らかにしました

カナダは2018年10月、G7で初めて嗜好用大麻を合法化。しかし、国連で採択された「麻薬に関する単一条約」では、大麻は「麻薬」に位置づけられています。

そのため、嗜好用大麻の合法化以前、反対派のカナダ議員はその審議にあたり、カナダが国際条約違反により国際的な反発や制裁を受けるのではないかと懸念を表明していました。

実際、国際麻薬統制委員会(INCB)は度々、嗜好用大麻を合法化した国々を批判しています。ドイツが嗜好用大麻を合法化する直前の3月にも、同委員会は再びこの立場を明確化しました

なお、同委員会は国際条約が定める一定の範囲内であれば、大麻の非犯罪化医療用大麻の合法化については認めています。

トルドー首相はフランスのテレビ番組「France.TV」のインタビューの中で、カナダの先駆的な大麻政策の動きについて語りました

トルドー首相は、司法制度への圧力が軽減されたことを除き、嗜好用大麻の合法化による社会的な変化はほとんどなかったと説明。元々大麻が国内で消費されていたことから「驚くべきことではない」と述べました。

また、トルドー首相は大麻の消費について、アルコールよりも遥かに安全であるとも語りました

一方、これまでトルドー首相は大麻合法化に反対していた議員らと同様に、嗜好用大麻の合法化により国際社会から反発が生じることを懸念していました。

しかし、この懸念は杞憂に終わり、むしろ国際社会はカナダの先駆的な大麻政策に注目し、学んでいると発言しました。

「懸念していた唯一のマイナス面は、麻薬撲滅に関する特定の国際条約から外れてしまうことだった。『条約に準拠していないため、カナダは罰せられるのか?』と我々は自問した。誰もそれについて話さなかった。人々は、我々がしていることを興味深く見ていた」

「もうひとつの “マイナス面 “は、まだやらなければならないことはあるが『やるべきではなかった』 と言えるほどネガティブなことは何もない」

この発言は大麻改革を望む国々を勇気づけるものであり、特にアメリカに影響を及ぼす可能性がありそうです。

現在アメリカでは、大麻がスケジュールⅠ(乱用の危険があり、医療的価値がない)の物質に分類されています。

しかし、米国保健福祉省(HHS)は2023年8月、FDAの包括的なレビューに基づき、大麻のスケジュールを緩和するよう麻薬取締局(DEA)に勧告。麻薬取締局はこの最終決定権を有しており、現在大麻の規制について再評価を行っています。

このような中、共和党の一部の連邦上院議員は最近、保健福祉省の勧告通りに大麻の規制緩和を行うことは国際条約の違反にあたるため、これを拒否すべきであるとの書簡を麻薬取締局に送りました

なお、麻薬取締局は過去に大麻の再スケジューリングの申請を受けた際、国際条約を遵守する義務があることを理由にこれを却下しています。

このような流れの中、トルドー首相が今回の発言をしたことは、大麻改革を支持する米国の政治家にとって心強いものとなるでしょう。

Marijuana Moment「UN Never Bothered Canada About Legal Marijuana Violating Treaties, Prime Minister Says As U.S. Weighs Rescheduling’s International Implications」https://www.marijuanamoment.net/un-never-bothered-canada-about-legal-marijuana-violating-treaties-prime-minister-says-as-u-s-weighs-reschedulings-international-implications/

StratCann「Trudeau: Concerns over cannabis legalization violating international treaties were unfounded」https://stratcann.com/news/trudeau-concerns-over-cannabis-legalization-violating-international-treaties-was-unfounded/

Business of Cannabis「No International Backlash Over Canada’s Cannabis Legalization, Says Trudeau」https://businessofcannabis.com/no-international-backlash-over-canadas-cannabis-legalization-says-canadian-pm/

Marijuana Moment「UN Body Reaffirms That Marijuana Legalization Violates International Treaties, While Addressing Germany Cannabis Reform And U.S. Psychedelics Movement」https://www.marijuanamoment.net/un-body-reaffirms-that-marijuana-legalization-violates-international-treaties-while-addressing-germany-cannabis-reform-and-u-s-psychedelics-movement/

Marijuana Moment「GOP Senators Tell DEA To Reject Marijuana Rescheduling, Arguing It Would Violate International Treaties」https://www.marijuanamoment.net/gop-senators-tell-dea-to-reject-marijuana-rescheduling-arguing-it-would-violate-international-treaties/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

米国民の69%が嗜好用大麻の合法化を支持

アメリカのニュース放送局「FOX NEWS」の最新世論調査によれば、米国民の10人に7人が嗜好用大麻の合法化を支持しています。 この世論調査は5月10日から13日にかけ、米国有権者から無作為に抽...