カナダ・ブリティッシュコロンビア州、屋外での大麻喫煙を一部可能に

カナダ・ブリティッシュコロンビア州、中庭での大麻喫煙を可能に

/

※2月21日 訂正

「カナダ・ブリティッシュコロンビア州、屋外での大麻喫煙を一部可能に」というタイトルでしたが、元々ブリティッシュコロンビア州では、基本的にたばこを喫煙できる場所で大麻を喫煙することが認められています。

そのため、今回の変更では「パティオでも大麻を喫煙・ベイピングできるようになった」が正確な解釈となります。

以上のことから、解釈に誤解が生じないように、タイトル及び変更点の内容を一部訂正させていただきました。

2月14日、カナダ・ブリティッシュコロンビア州の酒類・大麻規制局(LCRB)は大麻規制の新たな変更点を発表。これによれば、地方及び先住民の条例や規則に従っている限り、州内にいる成人は公共のパティオ(中庭)で大麻を喫煙したり、VAPEを吸引することが可能となります。

ブリティッシュコロンビア州では、職場と屋内の公共スペースにおいて大麻やたばこの喫煙・ベイピングが禁止されています。

一方、バー、カジノ、カフェなどのパティオでは、たばこのみ喫煙とベイピングが許可されています(建物に続く窓やドアが空いている場合やパティオ−建物間に活発な通気口がある場合を除く)。

新たな変更では、州内の大麻産業のホスピタリティと観光事業の向上のために、大麻に関しても公共のパティオにおいて喫煙やベイピングが認められるようになります

また、認可された大麻小売店が大麻を消費できる場所、大麻を消費した後にくつろげる場所、近日中に開催される大麻のイベントについて宣伝することも可能となります

一方、大麻小売店内での大麻の消費は引き続き禁止されます。店舗近隣における大麻の消費についても、大麻小売業者はその場所が店舗の敷地内でないことを確認する必要があります。

今回の変更を受け、LRCCBC(Licensed Retail Cannabis Council of BC)の常任理事であるジャクリン・ペホタ(Jaclynn Pehota)氏は「これらは、特に大麻以外の主要ビジネスにとって必要な変化です。彼らが大麻を消費できる場所やイベントを受け入れ、促進することを望んでいます」

「これらの変更は小さいですが、スティグマを減らし、BC州の大麻ツーリズムの可能性をサポートするための肯定的なステップになると、LRCCBCのチームは信じています」とコメント。

大麻擁護団体「Alliance of Beverage Licensees」の常任理事であるジェフ・ギニャード(Jeff Guignard)氏は「これはBC州の大麻産業、ホスピタリティ産業、観光産業にとって素晴らしいニュースであり、政府機関の支援に大変感謝しています」

「企業が大麻の消費場所を宣伝できるようになっただけでなく、政府は大麻の消費規則をたばこの喫煙やベイプの規則と一致させました。これは非常に理にかなっています」「正しい方向へのこうした小さな一歩は、政府が耳を傾けていることを示す明らかな兆候であり、業界として重要な前進を遂げています」と述べました。

ブリティッシュコロンビア州では、大麻の規制を緩和しようとする動きが他にもみられています。

同州で2番目に人口の多い都市であるサリー市は1月、これまで禁止してきた大麻小売店の出店を最大12店舗まで認める草案を発表。サリー市は現在、この草案についてパブリックコメントを募集しています。

同州では2023年4月より、オンラインフード注文・配達プラットフォーム「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を使用した大麻の配達も可能となっています

なお、同州では2023年1月31日から2026年1月31日にかけて、少量の薬物所持を非犯罪化するトライアルが行われています

他州では、アルバータ州が2024年1月31日より大麻の規制を大幅に緩和し、成人限定のフェスや見本市において大麻の販売を可能としました

StratCann「BC allows smoking, vaping cannabis on public patios, cannabis stores can now promote places to consume」https://stratcann.com/news/bc-smoking-vaping-cannabis-patios-promotion/

Province of British Columbia「Bulletin 24-01: Promoting cannabis-friendly spaces and consuming cannabis on public patios」https://www2.gov.bc.ca/gov/content/employment-business/business/liquor-regulation-licensing/about-lcrb/bulletins/bulletin-24-01-promoting-cannabis-friendly-spaces-and-consuming-cannabis-on-public-patios

MJbizDaily「British Columbia allows promotion of outdoor cannabis consumption areas」https://mjbizdaily.com/british-columbia-allows-promotion-of-outdoor-cannabis-consumption-areas/

Mugglehead Magazine「BC permits cannabis smoking on patios where tobacco and vaping are authorized」https://mugglehead.com/bc-permits-cannabis-consumption-on-patios-where-tobacco-and-vaping-are-authorized/

StratCann「Surrey releases proposal for up to 12 cannabis stores in BC’s second largest city」https://stratcann.com/news/surrey-releases-potential-proposal-for-up-to-12-cannabis-stores-in-bcs-second-largest-city/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

イギリス、ヘンプの栽培規制を緩和

4月9日、イギリス政府は経済的・環境的可能性を最大限に引き出すため、ヘンプの栽培規制を緩和することを発表。この新たな規制は2025年の栽培シーズンより施行されます。 イギリスにおいてヘン...

マラウイが高THC大麻の栽培を承認

マラウイ共和国の議会は、認可された栽培業者が輸出を目的とし、THC濃度の高い国産大麻を栽培することを承認しました。 アフリカの南東部に位置するマラウイはタバコの主要な生産国であり、国...