米連邦議員ら、麻薬取締局に大麻の合法化を要求

米連邦議員ら、麻薬取締局に大麻の合法化を要求

/

1月29日、米国の連邦上院議員12名はDEA(麻薬取締局)に対し、大麻を規制物質法から完全に除外することを求める書簡を送付しました

保健福祉省(HHS)は2023年8月、大麻をスケジュールⅠからスケジュールⅢの物質へと再分類するようDEAに勧告。この文書は最近正式に公開され、大麻には一部の病状において”信頼できるエビデンスがある”ことに加え、他の規制物質と比較して”乱用や公衆衛生上のリスクが低い”と明記されています

大麻のスケジューリングに関する最終的な決定権はDEAにあり、DEAは現在もこの作業に取り組んでいます。

このような中、エリザベス・ウォーレン(Elizabeth Warren)議員とジョン・フェッターマン(John Fetterman)議員を筆頭とした民主党の上院議員12名は、メリック・ガーランド(Merrick Garland)司法長官とアン・ミルグラム(Anne Milgram)DEA長官に書簡を送付

書簡には、「スケジュールⅢへの再分類は重要な前進を意味するが、現行制度の最悪の害を解決するものではない」ため、「DEAは大麻をスケジュールから完全に除外すべきである」と書かれています。

上院議員らは大麻をスケジュールⅢに再分類することで、大麻企業の減税や大麻研究の促進につながることを認めています。しかし、スケジュールⅢに再分類されたとしても、大麻は依然として米国で違法のままとなります。

そのため、書簡では「大麻に対する規制物質法の刑事罰の多くは、大麻が規制物質法に含まれる限り継続される。したがって、嗜好用大麻の使用に対する刑事罰(懲役刑、罰金、資産没収を含む)や連邦政府の承認がない医療用大麻製品の使用に対する刑事罰は依然として存在することになり、黒人や褐色人種のコミュニティには不釣り合いな罰則が科されることになる」と述べられています。

つまり、上院議員らが主張する”最悪の害”とは、大麻の取締りが一部のコミュニティ(マイノリティ集団、貧困層、アフリカ系の人など)で不釣り合いに多く行われている状況を指しており、これらの害は「大麻をスケジュールから完全に除外することでのみ改善され得る」と主張しています。

12名の上院議員のうちの1人であるカーステン・ギリブランド(Kirsten Gillibrand)議員は「大麻を規制薬物法から除外することは単なる社会正義の問題ではなく、経済、医療、治安の問題です。大麻が麻薬戦争中にスケジュールIに分類されて以来、数え切れないほどの人生が引き裂かれ、主に黒人や褐色人種のコミュニティーの人々が非暴力の大麻関連犯罪の標的にされてきました」

「研究によれば、大麻の合法化は国際的な麻薬取引における暴力を減らし、経済に何十億ドルもの利益をもたらすことができます。アメリカ人の大多数は大麻を合法化すべきだという意見を持っています。だからこそ私は、司法長官と麻薬取締局に対し、大麻を規制薬物法から速やかに除外するよう求めているのです」と述べています

最終的に、上院議員らは大麻を規制物質法から完全に除外し、アルコールやタバコと同様に規制することを求めています。

また、書簡の最後の部分では、再分類における審査の現状、スケジューリングの根拠、再分類による取締りの変化、大麻の犯罪化による社会的弊害についての考えなど、6つの質問がDEAに投げかけられています。上院議員らはこれらの問いを2月12日までに回答するようDEAに求めています。

DEAが大麻の再分類を検討している中、大麻の規制緩和を求める声が各方面から聞かれています。

米国の州知事6名は2023年12月、大麻の再分類を年内に完了させるようDEAに要請。今年に入ってからは12州の司法長官もこれを要請し、最近では米国看護協会も大麻の規制緩和に対し支持を表明しました

最新の調査では、米国民の半数以上が保健福祉省の勧告をDEAが受け入れるべきであると考えており、大麻の再分類が実現した場合、ジョー・バイデン(Joe Biden)大統領への好感度が11%上昇する可能性が示されています

2023年11月に公開されたギャラップ社の調査では、米国民の70%が嗜好用大麻の合法化を支持していることが明らかに。このような中、2023年の大麻の売上は290億ドル(約4兆2865億円)を記録し、米国民のアルコール離れが見られています。

すでに州レベルでは38州が医療用大麻24州が嗜好用大麻を合法化。非営利団体「NORML」の報告によれば、2018年以降、米国の州裁判所は推定230万件の大麻関連の犯罪記録を抹消・封印しています

バイデン大統領は2022年、大麻の単純所持により有罪判決を受けた人々に対する恩赦を発表。2023年12月には、大麻の単純所持、単純所持未遂、使用により有罪判決を受けた人々に対しても恩赦を与えたことを明らかにしました

Marijuana Moment「Senators Tell DEA To Fully Legalize Marijuana, Demanding Answers On Rescheduling Process」https://www.marijuanamoment.net/senators-tell-dea-to-fully-legalize-marijuana-demanding-answers-on-rescheduling-process/

NBC News「Democrats urge Biden administration to deschedule marijuana」https://www.nbcnews.com/politics/congress/democrats-urge-biden-administration-deschedule-marijuana-rcna136241

High Times「Exclusive: Sen. Kirsten Gillibrand Calls on Biden Administration To Deschedule Cannabis」https://hightimes.com/news/exclusive-sen-kirsten-gillibrand-calls-on-biden-administration-to-deschedule-cannabis/

MJBizDaily「DEA should deschedule marijuana, US senators suggest in letter」https://mjbizdaily.com/dea-should-deschedule-marijuana-us-senators-request/

Marijuana Moment「Biden Stands To Gain Double-Digit Political Support If Marijuana Is Rescheduled, Poll Of Likely Voters Shows」https://www.marijuanamoment.net/biden-stands-to-gain-double-digit-political-support-if-marijuana-is-rescheduled-poll-of-likely-voters-shows/

Marijuana Moment「12 State Attorneys General Tell DEA To Reschedule Marijuana As ‘Public Safety Imperative’」https://www.marijuanamoment.net/12-state-attorneys-general-tell-dea-to-reschedule-marijuana-as-public-safety-imperative/

Marijuana Moment「American Nurses Association Cheers Federal Health Agency’s Marijuana Rescheduling Recommendation」https://www.marijuanamoment.net/american-nurses-association-cheers-federal-health-agencys-marijuana-rescheduling-recommendation/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。