米国、軍人を対象とした幻覚剤研究を可能に

米国、軍人を対象とした幻覚剤研究を可能に

/

12月22日、米国のジョー・バイデン(Joe Biden)大統領は連邦議会で可決された2024年国防権限法(NDAA)に署名。この法案には、現役軍人に対する幻覚剤(サイケデリクス)治療の研究に資金提供を行い、臨床試験の実施を可能にする条項が含まれています

この条項により、国防総省(DOD)はPTSD(心的外傷後ストレス障害)や外傷性脳損傷に苦しむ現役軍人がシロシビン、MDMA、イボガイン、5-MeO-DMT、その他植物ベースの代替療法を用いた臨床試験に参加できるプロセスを確立することが義務付けられます。

国防総省は法案の制定から180日以内にこのプロセスを促進する必要があります。プロセスが確立すれば、国防総省は1,000万ドル(約14億4,800万円)の資金を受け、適格な連邦政府機関、州政府機関、学術機関と提携して幻覚剤を用いた臨床試験を実施することができます。

国防長官は今後5年間、上院・下院の軍事委員会に対し、研究に資金を提供した機関、研究に参加した軍人の数、臨床試験の結果について報告書を提出する必要があります。

元々H.R.3684として提出されたこの条項は、現役軍人と退役軍人を悩ませている”自殺の蔓延”を終わらせることに焦点が当てられています。

退役軍人省によれば、「イラクの自由作戦」とアフガニスタンでの「不朽の自由作戦」に参戦した退役軍人はほぼ流行病レベルでPTSDに苦しんでおり、退役軍人の30%近くが人生のある時点でPTSDの症状を訴えています

両院で法案が可決した後、同法を主導したダン・クレンショー(Dan Crenshaw)下院議員は「私は下院において2年連続でこの法案を主導してきましたが、ようやく上院で最終法案にまとめることができました」「感激しています。これは命を救い、あらゆるタイプのPTSDに対する治療法に革命を起こす可能性があります」とコメント

元連邦下院議員であり、幻覚剤研究を推進する患者支援団体「Apollo Pact」の会長を務めるミミ・ウォルターズ(Mimi Walters)氏は「この法律は我が国と軍人、科学にとって歴史的な快挙です」「この偉業は退役軍人省の最近の行動と相まって、幻覚剤支援療法が理論的な考えから具体的な治療法へと移行しつつあることを示しています」「これは現役の軍人たちにより多くの治療の選択肢を与えることになるでしょう」と述べました。

なお、同法には退役軍人を対象とした医療用大麻の臨床試験を行う条項も含まれていましたが、これに関しては最終的な合意に至りませんでした。

しかし、2023年6月に公開された論文では、医療用大麻の使用により、研究に参加した退役軍人の91%がQOL、80%が精神症状、73%が身体症状を改善したことが報告されています。

近年幻覚剤治療はメンタルヘルスを中心とした疾患において有望視されています。

米国FDA(食品医薬品局)はPTSDに対するMDMA治療、不安やうつ病に対するシロシビン治療を「画期的治療(Breakthrough Therapy)」に指定。PTSDに対するMDMA治療に関しては第3相試験で2度の成功を収め、念願の新薬申請も行われました

連邦政府機関である米国国立衛生研究所(National Institutes of Health)は2023年5月、物質使用障害に対する幻覚剤治療の研究に150万ドル(約2億1,700万円)の資金提供を行うことを発表

ケンタッキー州は2023年5月、オピオイド危機に対応するため、イボガインの研究に4,200万ドル(約60億8,200万円)以上の資金提供を行うことを明らかにしました

オーストラリアでは2023年7月1日より、PTSDに対するMDMA治療、難治性うつ病に対するシロシビン治療が合法化されています

日本の大手製薬会社である大塚製薬は2023年8月、幻覚剤医薬品企業の買収を発表しています

※為替は記事公開時点のレートで計算しており、リンク先の記事と日本円の数字が異なることがあります。最新の米ドル・円の相場はこちら

Marijuana Moment「Biden Signs Defense Bill Requiring Psychedelics Studies Involving Active Duty Military Service Members」https://www.marijuanamoment.net/biden-signs-defense-bill-requiring-psychedelics-studies-involving-active-duty-military-service-members/

Congressman Dan Crenshaw「Crenshaw’s Psychedelic Research Provision Signed into Law」https://crenshaw.house.gov/2023/12/crenshaw-s-psychedelic-research-provision-signed-into-law

Military Times「First-ever provision for psychedelic studies included in defense bill」https://www.militarytimes.com/newsletters/2023/12/15/first-ever-provision-for-psychedelic-studies-included-in-defense-bill/

The Texas Tribune「Congress greenlights psychedelic treatment bill for active duty service members suffering from PTSD」https://www.texastribune.org/2023/12/14/ndaa-congress-psychedelics-ptsd-dan-crenshaw/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

イギリス、ヘンプの栽培規制を緩和

4月9日、イギリス政府は経済的・環境的可能性を最大限に引き出すため、ヘンプの栽培規制を緩和することを発表。この新たな規制は2025年の栽培シーズンより施行されます。 イギリスにおいてヘン...

マラウイが高THC大麻の栽培を承認

マラウイ共和国の議会は、認可された栽培業者が輸出を目的とし、THC濃度の高い国産大麻を栽培することを承認しました。 アフリカの南東部に位置するマラウイはタバコの主要な生産国であり、国...