大塚製薬が幻覚剤医薬品企業を買収

大塚製薬が幻覚剤医薬品企業を買収

/

8月31日、日本の大手製薬会社である「大塚製薬株式会社」は同社の100%子会社である「大塚アメリカ社(Otsuka America, Inc)」を通じて、幻覚剤医薬品の研究開発を行うカナダ企業「マインドセット社(Mindset Pharma)」を8,000万カナダドル(約86億円)で買収し、完全子会社化することについて合意。契約を締結したことを発表しました。この買収は必要な手続き等を経た後、2023年度の第4四半期中に完了する予定です。

近年、セロトニン5-HT2A受容体を活性化することで知られるサイケデリクス(幻覚剤)は世界において、難治性うつ病やPTSDなどの治療薬として有望視されています。

実際にオーストラリアでは、今年7月よりシロシビンとMDMAを治療薬として処方することが合法となっています。アメリカでもシロシビンとMDMAはFDA(食品医薬品局)によって「画期的治療薬(Breakthrough Therapy)」 に指定されており、米国医師会(AMA)もこれらの医療コード(CPTコード)を承認しています。

このような流れの中、日本の大手製薬会社である大塚製薬もサイケデリクス治療に注目してきました。

2022年1月、大塚製薬の関連会社である「The McQuade Center for Strategic Research and Development, LLC」は、マインドセット社の研究開発を支援するため、戦略的投資契約を締結。

マインドセット社はカナダのトロントを拠点とし、神経疾患や精神疾患の治療を目的としたサイケデリクス医薬品の研究開発を行っている製薬会社です。

この戦略的投資契約の締結以降、両社はサイケデリクス医薬品の評価を進めてきました。

大塚製薬は今回の買収理由について、「マインドセット社が開発しているセロトニン5-HT2Aアゴニストは、治療抵抗性うつやPTSDなどの治療薬としての可能性が注目されており、明確な医療ニーズが残る精神・神経疾患領域において大きなイノベーションとなることが期待されています。このたびの買収により、大塚製薬は、精神・神経疾患領域におけるリーディングカンパニーとして、本領域のポートフォリオ拡大を加速させていきます」と説明しています

大塚製薬の代表取締役社長である井上眞氏は「大塚製薬は、最重点領域の一つに精神・神経領域をかかげ、様々な臨床的意義を持つ抗精神病薬などをグローバルに展開しています。このたびの買収により、マインドセット社が持つ新たな新規化合物が加わることで、精神疾患で悩む患者さんに対してさらなる貢献ができると期待しています」とコメント。

マインドセット社のCEOであるジェームズ・ランティエ(James Lanthier)氏は「このたびの大塚製薬との契約締結は、当社の価値を最大化するとともに、すべてのステークホルダーにとって素晴らしい成果となりました。大塚製薬は、私たちの資産と特許ポートフォリオの価値をさらに高めることで、患者さんの将来の利益に貢献できる理想的な立場にあると確信しています」と述べています。

サイケデリクスは日本を含め多くの国で違法とされていることから、この治療は医療用大麻と同様に受け入れにくいものかもしれません。しかし、大手製薬会社によるこのような動きは、サイケデリクス治療に対するネガティブな認識に変化をもたらす可能性があります。

一方、アメリカではオレゴン州コロラド州において自然由来のサイケデリクスが合法化されている中、サイケデリクスに対する認識がすでにポジティブなものに変わりつつあります。

今年3月に公開された調査では、米国有権者の半数以上が医療目的でのサイケデリクスの合法化や、個人使用目的でのサイケデリクスの非犯罪化を支持していることが明らかにされています。

カリフォルニア州立大学バークレー校が7月に公開した調査でも、米国有権者の61%が規制のもとでサイケデリクス治療にアクセスすることを支持し、56%がサイケデリクスはFDAによって処方箋医薬品として承認されるべきと考えていることが報告されています。

シロシビンの有効性は多岐に渡り、最近ではアルコール依存症拒食症に対してもポジティブな研究結果が報告されています。今秋にはイギリスにおいて、ギャンブル依存症に対する有効性が世界で初めて検証される予定です

大塚製薬株式会社「マインドセット社の買収について-精神・神経疾患領域のポートフォリオを拡大-」https://www.otsuka.co.jp/company/newsreleases/2023/20230901_1.html

Mugglehead Magazine「Otsuka Pharmaceutical seals $80M all-cash deal to acquire Mindset Pharma」https://mugglehead.com/otsuka-pharmaceutical-seals-80m-all-cash-deal-to-acquire-mindset-pharma/

Psychedelic Spotlight「BIG PHARMA STEPS ONTO THE PSYCHEDELICS WAGON」https://psychedelicspotlight.com/big-pharma-steps-onto-the-psychedelics-wagon/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。