バハマ、医療・宗教・研究目的での大麻合法化法案を発表

バハマ、医療・宗教・研究目的での大麻合法化法案を発表

/

8月24日、バハマ政府は医療・宗教・研究目的で大麻を合法化する法案を発表。この法案では大麻の少量所持も非犯罪化され、前科抹消についても定められています。

バハマはカリブ海にある約700の島から成る人口41万人ほどの国で、世界屈指のリゾート地として知られています。

バハマでは1929年に制定された危険ドラッグ法により、大麻が禁止されています。1962年にはこの法律が改正され「違法な大麻」の定義が拡大されたことで、ヘンプ由来の製品やCBDも違法とされました。

2018年にバハマ政府は、大麻の個人使用を非犯罪化し、医療用大麻を合法化することを検討していると発表。2021年にはマスコミにより、医療用大麻の合法化について規定された仮の法案が明らかにされました。

このような経過を経て、今回ライアン・ピンダー(Ryan Pinder)司法長官とマイケル・ダーヴィル(Michael Darville)保健福祉大臣は首相官邸での記者会見で、11の法案で構成される一連の法案を発表しました。

これらの法案では医療用大麻が合法となり、特別なトレーニングを受けた医師はがん多発性硬化症慢性疼痛てんかんPTSD自閉症うつ病アルツハイマー型認知症など19の病状に当てはまる患者に対し、医療用大麻を処方することができるようになります。これを調剤する薬剤師も専門的なトレーニングを受ける必要があります。

大麻の誤用を防ぐためにTHC濃度には上限が設けられ、大麻の取り扱いを監視する追跡システムも導入されます。

また、法案では、ラスタファリアンによる宗教目的での大麻の使用も合法化。礼拝所の管理及び運営を行うラスタファリアンはライセンスを取得することで、宗教儀式の時に限り、18歳以上の会員に対し大麻を配ることが可能となります。

さらに同法では、30gまでの大麻の所持が犯罪とみなされなくなり、250ドル(約37,000円)の罰金が課されるのみとなります。加えて、大麻の単純所持による過去の犯罪記録も抹消される予定です。

ただし、公共の場での大麻の喫煙は医療用大麻患者であっても刑事罰の対象となります(医療用大麻患者は自宅、治療施設、病院などで使用が可能)。無許可での大麻の販売や輸入などに関しても同様です。

新たに設立される大麻庁(The Cannabis Authority)は医療・宗教・研究目的での大麻を管理・規制し、ガイドラインを策定する役割を担います。政府のウェブサイトによれば、これらを規制するためのライセンスは全部で7種類(栽培、小売、分析試験、製造、研究、輸送、宗教使用)となっています。

これらのライセンスは21歳以上の成人にのみ発行されます。また、栽培、小売、輸送、宗教使用ライセンスに関してはバハマ人が100%所有する企業のみ。研究、分析試験、製造ライセンスに関してはバハマ人が30%以上所有している企業にのみ承認されます。

法案はすでに非公開で協議が進められており、9月には公開協議が開かれる予定。バハマ政府はこれらを経た後、10月には法案を提出し、来年の前半にこれを実施したいと考えています。

ダーヴィル保健福祉大臣は「多くのバハマ人がいて、その中には末期がんや臨床治療で反応しない様々なうつ病、心的外傷後ストレス障害のような衰弱性の病気に苦しんでいる人々もいます」

「これらの人々はこれら(医療用大麻)の治療を受けるために海外まで渡航しています。彼らはその製品を国内に持ち込むために、いつも同省に連絡を取っています。今こそ大麻を危険ドラッグ法から外し、バハマで栽培され、保護される規制物質とする時が来たのです」と発言。

ピンダー司法長官は「私たちはバハマ人が参加できるライセンスと機会を多数用意しており、彼らの参加を楽しみにしています。私たちはこれが経済的にプラスに働くと信じています。それが経済発展の別の半球に導くとまでは個人的に思いませんが、バハマの人々の経済成長と多様化の要因にはなると思います」と述べました。

バハマだけでなく、ジャマイカを始めとしたカリブ海の国々は、続々と大麻の規制を緩和しています。

今年初め、アメリカ領ヴァージン諸島の知事は嗜好用大麻合法化法案に署名。この法案では、21歳以上の成人において、2オンス(約56g)までの乾燥大麻の所持や宗教目的での大麻の栽培などが認められていますが、具体的な規制法案やインフラがまだ整っていないため、実質的な施行はまだ先になる見通しです。

アンティグア・バーブーダは3月、ラスタファリアンが宗教目的で大麻を栽培することをカリブ海で初めて正式に文書化し承認。その後にはさらなる法改正が行われ、ラスタファリアン全体で大麻の喫煙と栽培が可能となっただけでなく、18歳以上の全ての成人においても、15gまでの乾燥大麻の所持、4株までの大麻の栽培が合法となりました

セントクリストファー・ネイビスは今年4月より、医療用大麻市場の確立に向け本格的に始動。6月には現行の大麻法に改革をもたらすいくつかの法案を承認し、ラスタファリアンによる大麻の所持、使用、栽培などを正式に合法化し、成人が指定された場所で大麻を喫煙することも可能としました。

2019年に医療用大麻を合法化したバルバドスは、国内初となる医療用大麻専門の治療施設を来年に開設する予定。最近では、国内における大麻の追跡システムを導入するために、カナダのテクノロジー企業「GrowerIQ」と契約を結んだことを明らかにし、医療用大麻産業の確立が近づいてきていることをアピールしました。

Marijuana Moment「Bahamas Government Unveils Proposal To Legalize Marijuana For Medical, Religious And Scientific Use」https://www.marijuanamoment.net/bahamas-government-unveils-proposal-to-legalize-marijuana-for-medical-religious-and-scientific-use/

Office of the Prime Minister「The Bahamas Takes a Progressive Approach to Cannabis」https://opm.gov.bs/bahamas-medical-cannabis-legislation-announced/

Eye Witness News「Government unveils legislation to decriminalise cannabis for medical, research and religious use」https://ewnews.com/government-unveils-legislation-to-decriminalise-cannabis-for-medical-research-and-religious-use

The Nassau Guardian「19 medical conditions would qualify for cannabis」https://thenassauguardian.com/19-medical-conditions-would-qualify-for-cannabis/

The Nassau Guardian「Plans outlined for cannabis regime」https://thenassauguardian.com/plans-outlined-for-cannabis-regime/

The Cannigma「Is weed legal in The Bahamas?」https://cannigma.com/regulation/bahamas-cannabis-laws/

Leafwell「Is Marijuana Legal in The Bahamas?」https://leafwell.com/blog/is-marijuana-legal-in-the-bahamas/

AP News「Rastafari gain sacramental rights to marijuana in Antigua and Barbuda, celebrate freedom of worship」https://apnews.com/article/marijuana-rastafari-religious-freedom-caribbean-c8f3b622e3ef8b04a79303401e5d468a

MJBizDaily「Barbados taps GrowerIQ for marijuana industry track-and-trace」https://mjbizdaily.com/barbados-taps-groweriq-for-marijuana-industry-track-and-trace/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

大麻成分CBDが月経関連症状を緩和

大麻成分CBDの摂取により、月経関連症状に悩む女性の諸症状が緩和されたことが報告されました。論文は「Experimental and Clinical Psychopharmacology」に掲載されています。月経(生...