カリフォルニア州有権者の62%が「嗜好用大麻合法化は州に良い影響を与えた」と回答

カリフォルニア州有権者の62%が「嗜好用大麻合法化は州に良い影響を与えた」と回答

/

2月26日、カリフォルニア州大麻管理局(DCC)は州内の成人1,000名以上を対象とした世論調査の結果を発表。これによれば、回答者の62%が州内の嗜好用大麻の合法化について「良い影響を与えた」と考えています。

カリフォルニア州は2016年、住民投票により嗜好用大麻を合法化。当時この改革に賛成票を投じた有権者が57%であったことを考慮すると、今回の調査でより多くの有権者が嗜好用大麻の合法化をプラスに捉えていたことは注目に値します

調査において「大麻を使用したことがある」と回答した有権者は56%であり、このうち88%が「認可を受けた小売業者から大麻を購入している」と回答。

また、回答者の86%が「合法な小売店で大麻を購入することが重要」であり、72%が「消費者は合法な小売業者から大麻を購入する責任がある」と考えていたことも明らかにされました。

この調査は「リアル・カンナビス・カリフォルニア・キャンペーン」の一環として、カリフォルニア州を拠点とする世論調査企業「FM3 Research社」により実施されました。

リアル・カンナビス・カリフォルニア・キャンペーンは大麻管理局の啓蒙活動の1つであり、消費者に合法な大麻を購入するメリットや、合法な大麻小売店と非合法な大麻小売店の見分け方について教育することを目的としています。

カリフォルニア州の大麻市場は全米で最も大きいことで知られていますが、州内の3分の2近くの市と郡では嗜好用大麻の販売が認められていません

しかし、今回の調査では、大麻の販売が認められていない地域に住む回答者の85%が自身の居住地域で大麻の販売が認められていると誤認しているか、地域の法律について知らないことが明らかにされました。

また、全体の44%が合法な小売業者を見分けるのは「簡単」だと回答したのに対し、42%が「難しい」と回答しました。

大麻管理局のニコール・エリオット(Nicole Elliott)局長は「教育と取締りは、規制の行き届いた大麻市場を支える2つの重要な柱である」「リアル・カリフォルニア・カンナビス・キャンペーンは、大麻消費者に情報を提供し、大麻の購入に関して情報に基づいた意思決定をできるようにするものである。こうした賢明な選択は、より安全な地域社会、地元企業、そして違法市場を排除するための我々の継続的な努力を支えている」と述べています。

全米最大の大麻市場を有するカリフォルニア州は、大麻使用者を保護するための改革にも取り組んでいます。

例えば、同州は2024年1月1日より、州法に従って勤務時間外に大麻を使用したことのみを理由として、雇用主が従業員を解雇・差別・罰することを”違法行為”としています。

加えて、雇用主が求職者に過去の大麻使用について尋ねることも禁止されています。これには警察官も含まれますが、連邦政府による身元調査やセキュリティクリアランス(適格性審査)を要する職種、建築業など一部の職種では対象外となっています。

また、カリフォルニア州は2023年4月時点で、現在合法となっている内容の大麻犯罪記録のうち約9割(約20万件)において、封印や再判決などの救済措置を完了させています

2023年5月には、大麻の税収を財源とし、麻薬戦争で不釣り合いな影響を受けたコミュニティに対し5,000万ドル(約75億円)以上の資金提供が行われました

なお、カリフォルニア州のギャビン・ニューサム(Gavin Newsom)知事は今年1月、州財政の赤字に対処するための手段の1つとして、大麻税から1億ドル(約150億円)を充当させることを提案しました

※為替は記事公開時点のレートで計算しており、リンク先の記事と日本円の数字が異なることがあります。最新の米ドル・円の相場はこちら

Department of Cannabis Control「86% of Californians who consume cannabis believe it is important to shop legally」https://cannabis.ca.gov/2024/02/86-of-californians-who-consume-cannabis-believe-it-is-important-to-shop-legally/

Marijuana Moment「More Californians Now Say Marijuana Legalization Has ‘Positive’ Impacts Than Voted For It On The 2016 Ballot, State-Commissioned Poll Finds」https://www.marijuanamoment.net/more-californians-now-say-marijuana-legalization-has-positive-impacts-than-voted-for-it-on-the-2016-ballot-state-commissioned-poll-finds/

Ganjapreneur「Survey: 86% of Californians Favor Legal Cannabis Sources」https://www.ganjapreneur.com/survey-86-of-californians-favor-legal-cannabis-sources/

Marijuana Moment「California Governor Proposes Using $100 Million In Marijuana Tax Revenue To Help Close State Budget Deficit, As He Commits to ‘Strengthen’ Industry」https://www.marijuanamoment.net/california-governor-proposes-using-100-million-in-marijuana-tax-revenue-to-help-close-state-budget-deficit-as-he-commits-to-strengthen-industry/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

イギリス、ヘンプの栽培規制を緩和

4月9日、イギリス政府は経済的・環境的可能性を最大限に引き出すため、ヘンプの栽培規制を緩和することを発表。この新たな規制は2025年の栽培シーズンより施行されます。 イギリスにおいてヘン...

マラウイが高THC大麻の栽培を承認

マラウイ共和国の議会は、認可された栽培業者が輸出を目的とし、THC濃度の高い国産大麻を栽培することを承認しました。 アフリカの南東部に位置するマラウイはタバコの主要な生産国であり、国...