音楽配信サービス「Spotify」が大麻広告を初掲載

音楽配信サービス「Spotify」が大麻広告を初掲載

9月7日、米国イリノイ州シカゴを拠点とする大手大麻企業「クレスコ・ラボ(Cresco Labs)」は、5億5,100万人のユーザーと2億2,000万人の有料会員を抱える音楽ストリーミングサービス「Spotify」で広告の配信・掲載を開始する初の大麻企業となったことを発表しました

この広告キャンペーンではSpotifyのアプリを通じて、クレスコ・ラボの大麻小売店「サニーサイド(Sunnyside)」の宣伝が行われます。広告には30秒の音声とサニーサイドのECサイトに誘導するデジタルバナーが含まれ、これらの広告はSpotifyユーザーのアルゴリズムに基づいた「ネイティブ広告」や「プログラマティック広告」などにより表示されます。

クレスコ・ラボの広告はイリノイ州のユーザーのみをターゲットとしており、地元ユーザーをより獲得することが狙いとなっています。最近の報告書によれば、イリノイ州は米国の他の州よりも大麻の購入にかかる費用が89%高いものの、カリフォルニア州とミシガン州に次いで全米第3位の大麻市場であることが明らかにされています。

クレスコ・ラボの全国小売部門長であるコーリー・ロスチャイルド(Cory Rothschild)氏は「音声ストリーミングサービスはブランドにとって、ターゲットを絞った方法で多くの聴取者にリーチする大きな機会です。Spotifyと協力して、当社の全国小売ブランドであるサニーサイドから初の大麻広告を開始できることに興奮しています」

「当社のサニーサイドの広告戦略は、業界最高クラスのターゲティングと測定を可能にするデータエコシステム上に構築されています。Spotifyのプラットフォームにより、私たちのマーケティングチームは当社が小売業でトップシェアを誇るイリノイ州の主要な顧客に対し、コンプライアンスに準拠した収益性の高い広告を配信できるようになります」

「この重要なパートナーシップは大麻を標準化するための一歩であるだけでなく、クレスコ・ラボで解き放ったマーケティングの洗練さと質を示すものでもあります」と述べています。

Spotifyのこのニュースは、他の著名なプラットフォームが大麻企業によるマーケティングに対しオープンな姿勢を見せ始めていることを受けて発表されたと報じられています

例えば、Appleは2021年にApp Storeのポリシーを変更し、大麻が合法な地域において大麻関連アプリの禁止を解除。

Googleは今年1月より、アメリカの一部の地域(カリフォルニア州、コロラド州、プエルトリコ)において、アメリカ食品医薬品局(FDA)から承認されたCBD製品とTHC0.3%以下のヘンプ由来のCBD外用製品の広告を認めています

X(旧Twitter)は今年2月に大麻に関する広告ポリシーを緩和し、現在ではパッケージされた大麻製品の広告掲載を受け入れています

一方、逆の姿勢を貫いているプラットフォームも存在します。

Meta社のInstagramは大麻関連のコンテンツを発信しているアカウントを度々削除していることで知られています。同じくMeta社が運営するFacebookでは、大麻事業者や大麻管理局などのプロフィールが検索しても表示されない「シャドーバン」が行われているといった訴えが聞かれています

また、同社の新SNSのThreadsでは、検索バーに「marijuana」と入力し検索すると警告文とともに依存症回復支援が提案されます。なお、Xも以前このような措置をとっていましたが、現在ではこれを禁止しています。

Amazonの子会社が提供するゲーム配信に特化した動画配信プラットフォーム「Twitch(ツイッチ)」は今年6月にブランドポリシーを更新し、大麻企業や大麻製品の宣伝を禁止としながらも、アルコール製品に関しては宣伝を可能とすることを明確にしています。

しかし、親会社であるAmazonは大麻の合法化を支持しており、米連邦政府に対しロビー活動を行うだけでなく、自社においては雇用前後における大麻検査を廃止しています。さらに、同社は2022年5月より、日本においてCBDを含むカンナビノイド製品の販売を認めています

Business Wire「Cresco Labs Launches First-Ever Cannabis Advertisements on Spotify, the World’s Most Popular Audio Streaming Subscription Service」https://www.businesswire.com/news/home/20230907185478/en/Cresco-Labs-Launches-First-Ever-Cannabis-Advertisements-on-Spotify-the-World’s-Most-Popular-Audio-Streaming-Subscription-Service

MJBizDaily「Marijuana MSO Cresco Labs launches Spotify ad campaign」https://mjbizdaily.com/marijuana-mso-cresco-labs-launches-spotify-ad-campaign/

Benzinga「Weed Ads On Spotify? This Cannabis Giant Makes It Happen Via New Partnership」https://www.benzinga.com/news/23/09/34315953/weed-ads-on-spotify-this-cannabis-giant-makes-it-happen-via-new-partnership

Illinois Policy「ILLINOIS CANNABIS BUYERS PAY 89% MORE THAN U.S. AVERAGE」https://www.illinoispolicy.org/illinois-cannabis-buyers-pay-89-more-than-u-s-average/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

米国医師会、違法薬物の非犯罪化を支持

現地時間6月12日、米国医師会(AMA)はシカゴで開催された年次総会において、違法薬物の非犯罪化を正式に支持する決議案を採択しました。 米国医師会は世界で最も権威ある医学会の1つであり、...

THC使用が終末期患者の生存期間延長と関連

ドイツの終末期患者のデータを分析した結果、THC治療を受けていた患者ではそれ以外の患者よりも生存期間が長かったことが明らかにされました。論文は「Medical Cannabis and Cannabinoids」...

南アフリカ、嗜好用大麻を合法化

現地時間5月28日、南アフリカ共和国のシリル・ラマポーザ(Cyril Ramaphosa)大統領は個人使用目的での大麻の所持・栽培を認める「私用目的の大麻法(Cannabis for Private Purposes Bill)」に...