イリノイ州で大麻使用可能な音楽フェスが初開催

イリノイ州で大麻使用可能な音楽フェスが初開催

/

9月9日〜10日の2日間、米国イリノイ州のマンデレインで州内初となる大麻フレンドリーな音楽フェスが開催されます。

第1回目の開催となる「ミラクル・イン・マンデレイン(Miracle in Mundelein)」のヘッドライナーには、カリフォルニア州出身のヒップホップグループ「サイプレス・ヒル(Cypress Hill)」や、レゲエ界のレジェンドとして知られるボブ・マーリー(Bob Marley)の息子「スティーブン・マーリー(Stephen Marley)」など、大麻と親和性の高いアーティスト達が名を連ねています。

このイベントでは21歳以上の成人であれば、エリア内(フェンス内)のどこでも大麻を使用することが可能。ローリングペーパー、トレイ、ライター、グラインダーが無料で提供されるほか、エリア内にはローリングステーション(大麻を砕いてジョイントを巻く場所)やダブバー(大麻濃縮物「ダブ」を使用する場所)も設けられます。

イベント内で大麻の販売は行われないため、使用する大麻は予め持参していく必要がありますが、フェスの入口付近には大麻小売店「ライズ・ディスペンサリー(RISE Dispensary)」があります。

持参できる大麻はイリノイ州内のディスペンサリーで購入したものに限られ、乾燥大麻で15g、エディブルで250mg、濃縮物で2.5gまでとなっています。

フェス内ではフード、アルコール飲料、ノンアルコール飲料、ヘンプ由来飲料も購入することが可能です。

ミラクル・イン・マンデレインのWEBページの「F&Qコーナー」では「これらのルールや規制を守ることで、私たちがいかに責任感があり、尊敬に値するコミュニティであるかを皆に示しましょう」と記載されています。

このような多くの人々が集まるイベントにおいてトラブルが発生しなければ、大麻の消費が大きな問題を引き起こさないことを実証することになり、大麻に対する偏見が払拭される好機になると考えられます。

2020年に嗜好用大麻を合法化したイリノイ州において、大麻使用可能なイベントが開催されるのは今回が初めてとなります。しかし、このような大麻フレンドリーなイベントは米国内ですでに開催されています。

例えば、2018年に嗜好用大麻を合法化したミシガン州では、すでに大麻使用可能なイベントがいくつか開催されています。

先週末(9月1日〜4日)には、芸術、音楽、食、コミュニティの祭典である「Soaring Eagle Arts, Beats & Eats」がロイヤルオークで開催。このイベントは毎年同時期に開催されていますが、第26回目となる今回、初めてイベント内で大麻の購入や消費が試験的に許可されました

フェス開催前、ロイヤルオーク市長は大麻の使用を認めることで同イベントの文化的な価値が損なわれることを懸念。しかし、フェスのプロデューサーであるジョン・ウィッツ(Jon Witz)氏はフェスの終了後、The Oakland Pressに対し「苦情もなく、懸念もなく、大成功だった」とコメントしました。

加えてウィッツ氏は、ロイヤルオークと「Soaring Eagle Arts, Beats & Eats」が大麻に対するスティグマを軽減する上で大いに貢献したと評価しています。

ウィッツ氏によれば、フェスには4日間で約35万人が来訪。大麻の販売エリア「Dank Way」を主催した「House of Dank Cannabis Company」の最高経営責任者マイク・ディラウラ(Mike DiLaura)氏は、このエリアに約17,000人が足を運んだと語っています。

最終売上はまだ明らかにされていませんが、ディラウラ氏によれば、顧客による大麻の購入額は10万ドル(約1,470万円)をはるかに超えているといいます。

ディラウラ氏は「素晴らしい出来だったと思います。誰もやったことがなかったので、みんな度肝を抜かれたと思います。私たちはコンプライアンスを遵守し、パーティーの雰囲気を作り上げました」「私が最も誇りに思っているのは、(大麻を)アーツ、ビート&イーツに追加することで成功させ、アーツ、ビート&イーツからいかなる形でも奪い去らなかったことです」とコメント。

また、このエリアに訪れたトム・タッカー(Tom Tucker)氏は、昔警察が近隣のメモリアルパークで行われたマリファナパーティーを摘発するために力を注いでいたことを思い出し、「信じられるかい?ロイヤルオークのど真ん中で堂々と大麻を吸ってるんだよ」と語りました。

フェスのプロデューサーであるウィッツ氏は来年以降もこれを継続するため、同フェスで大麻の消費・販売を可能にするための正式な承認を今後ロイヤルオーク市に求める予定です。

Marijuana Moment「Illinois Concert This Weekend Will Be State’s First To Allow On-Site Marijuana Consumption」https://www.marijuanamoment.net/illinois-concert-this-weekend-will-be-states-first-to-allow-on-site-marijuana-consumption/

WGNTV.com「Illinois’ first music festival permitting cannabis consumption announced」https://wgntv.com/news/illinois/illinois-first-music-festival-permitting-cannabis-consumption-announced/

MERRY JANE「Over $100,000 of Legal Flower Was Sold at Michigan Music Festival Last Weekend」https://merryjane.com/news/over-dollar100000-of-legal-flower-was-sold-at-michigan-music-festival-last-weekend

The Oakland Press「Mainstream marijuana: ‘Dank Way’ cannabis alley deemed a big success at Arts, Beats and Eats」https://www.theoaklandpress.com/2023/09/06/mainstream-marijuana-dank-way-cannabis-alley-deemed-a-big-success-at-arts-beats-and-eats/

Detroit Free Press「As Arts, Beats & Eats kicks off in Royal Oak, White Boy Rick becomes first weed customer」https://www.freep.com/story/entertainment/arts/2023/09/01/arts-beats-eats-opening-day-legal-cannabis-zone/70742790007/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

米国民の69%が嗜好用大麻の合法化を支持

アメリカのニュース放送局「FOX NEWS」の最新世論調査によれば、米国民の10人に7人が嗜好用大麻の合法化を支持しています。 この世論調査は5月10日から13日にかけ、米国有権者から無作為に抽...