ミシガン州、公務員に対する雇用前大麻検査を廃止

ミシガン州、公務員に対する雇用前大麻検査を廃止

/

7月12日、米国ミシガン州当局は一部の例外を除き、州機関への就職希望者に対する大麻検査を廃止する雇用方針を全会一致で承認しました。新たな雇用方針は2023年10月1日より発効となります。

ミシガン州では2008年に医療用大麻、2018年に嗜好用大麻が合法化されています。

今回承認された改革案は5月に初めて提案され、ミシガン州公務員委員会はこの改革案に対するパブリックコメントを募集していました。

新たな雇用方針は、法執行機関、医療従事者、重機を操作する職員など一部の職種を除き、ミシガン州機関の就職希望者に対し「雇用前の大麻検査を義務付けてはならない」と規定。

また、これまで雇用前の大麻検査で陽性反応が出た就職希望者は、その後3年間州機関での就職活動が禁止されていましたが、今回の改正により、このような制裁を受けた者はこの取り消しを請求することが可能となります。

ミシガン州公務員委員会のジェイス・ボルガー(Jase Bolger)委員長は今回の改革について、金曜日の夜に飲みすぎた人も大麻を嗜んだ人も、「月曜日の朝に出勤した時にはどちらも影響を受けていないようなので、これらを同じように扱うつもりです」と述べ、州職員の雇用において大麻とアルコールを同様に扱う方針を明らかにしています。

また、ミシガン州公務員協会の評議員であるピーター・ノイ(Peter Neu)氏は「今回の変更により、ミシガン州公務員委員会の規制がミシガン州民によって可決された法律に沿ったものになると私たちは考えています。ミシガン州は現在、採用と定着に問題を抱えており、今回の変更はより多くの潜在的な職員の採用に役立つと信じています」と述べました。

アメリカでは州レベルで大麻の合法化が進むにつれ、雇用において大麻使用者を保護する動きが活発化してきています。

このような保護を初めて法制化したのはネバダ州で、コネチカット州、モンタナ州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、カリフォルニア州、ロードアイランド州がこれに続き、最近ではワシントン州ワシントンD.C.がこの仲間入りを果たしました。

こういった動きは連邦機関でもみられており、今年3月に人事管理局(OPM)は、雇用プロセスにおいて「過去の大麻使用」を寛大に扱うことをホワイトハウスに要求

4月には、米司法省内の連邦法執行機関である「アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局(ATF:Bureau of Alcohol, Tobacco, Firearms and Explosives)が雇用方針を更新し、州法を遵守して大麻を栽培、製造、販売した求職者を自動的に不適格とはしない方針を明らかにしました

アメリカ合衆国シークレットサービス(USSS:The United States Secret Service)も同月に雇用方針を更新し、大麻の使用に関する規定を緩和しています

なお、大麻の使用は意欲ややる気を損なわせる「無動機症候群」を引き起こす可能性があるという指摘もありますが、ロンドン大学とケンブリッジ大学の研究チームは、週4日程度の大麻使用が無動機症候群の発症と関連しなかったことを報告しています

また、シドニー大学の研究者らによって公開されたシステマティックレビューでは、大麻使用が翌日のパフォーマンスに悪影響を及ぼすとするエビデンスは非常に限られており、アルコールと比べてもその可能性は低いと報告されています。

Marijuana Moment「Michigan Officials Vote To End Pre-Employment Marijuana Testing For Most Government Workers」https://www.marijuanamoment.net/michigan-officials-vote-to-end-pre-employment-marijuana-testing-for-most-government-workers/

WILX News 10「Michigan no longer requires drug testing for state jobs」https://www.wilx.com/2023/07/12/michigan-no-longer-requires-drug-testing-state-jobs/

Benzinga「Michigan Abandons Pre-Employment Cannabis Testing For Some State Jobs」https://www.benzinga.com/markets/cannabis/23/07/33212863/michigan-abandons-pre-employment-cannabis-testing-for-some-state-jobs

Marijuana Moment「Michigan Officials Move To End Pre-Employment Marijuana Testing For Government Workers」https://www.marijuanamoment.net/michigan-officials-move-to-end-pre-employment-marijuana-testing-for-government-workers/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

大麻成分CBNが不眠症患者の睡眠を改善

著名な大麻・CBD企業である「キャノピーグロース(Canopy Growth)社」と「シャーロッツ・ウェブ(Charlotte’s Web)社」は、不眠症に対するCBNの有効性を検証する初の臨床試験を実施...