オーストラリアに「大麻看護協会」が発足

オーストラリアに「大麻看護協会」が発足

/

オーストラリアで今週、看護師に対し医療用大麻の教育、権利擁護、ピアサポートを提供することを目的とした「オーストラリア大麻看護協会(ACNA:Australian Cannabis Nurses Association)」が発足しました。

医療用大麻の処方を行っているナース・プラクティショナー(診療看護師:診察、検査の実施、薬の処方など、医師の業務を一部実施できる看護師)であるシモーネ・オブライエン氏は、共同設立者であるデブ・ランソン氏とジョディ・デイビス氏とともに、この協会を率いることになります。

オブライエン氏は2019年、大事故により足をひどく骨折。その後、数ヶ月に及ぶリハビリ期間中に、鎮痛目的で医療用大麻を使用した経験があります。これについて彼女は「これは私の痛みにとって本当に驚くべきものでした」と振り返っています。

この経験から彼女は、慢性的な痛みを抱える人々にとって有益な選択肢になると信じ、医療用大麻の処方を開始することを決意したと話しています。

オーストラリア大麻看護協会は、全ての看護師を対象として医療用大麻の教育研修を実施するだけでなく、看護師のためのピアサポートを提供したり、患者の医療用大麻へのアクセス改善を提唱していく予定です。また、看護大学(学部)の学位に「エンドカンナビノイドシステム(ECS)に関する教育」が含まれることを望んでいます。

協会発足にあたり、オブライエン氏は「臨床医の間で、大麻について誤った情報がある」「私たちはこの偏見をなくしていくことを強く望んでいる」とコメント。

また、「(医療用大麻を求めて)医療従事者のもとへ駆けつけた患者に対し、一般開業医(GP:General Practitioner)、心理学者、精神科医は皆『大麻はあなたに適していない』と告げている」「医療用大麻は安全性が高く、様々な患者に対し適応可能であることを広く伝えていきたい」と述べています。

オーストラリア大麻看護協会の発足に対し、医療用大麻擁護団体「United in Compassion(UIC)」とオーストラリア医療用大麻協会(AMCA:Australian Medicinal Cannabis Association)  の共同設立者であるルーシー・ハスラム氏は「エキサイティング」とコメント。

ハスラム氏は「医療用大麻に対する認知度が低いため、差別される患者が多い」「時代遅れの薬物検査のせいで、仕事を失う患者もいる」「病院やレスパイトケアセンター、高齢者介護施設などに入所(入院)しても、医療用大麻に対するスタッフの認識が不十分であるため、患者は合法的に処方・提供できる製品にアクセスできないことがある」と述べています。

オーストラリア医療用大麻協会は2023年2月20日〜26日の間、国内初となる医療用大麻啓発週間(Medicinal Cannabis Awareness Week)を主催しています。このイベントは、医療用大麻に対する偏見をなくし、患者へのアクセスを向上させることを目的とした啓発運動です。

この運動には、ハチドリ(Hummingbird)のロゴが使用されています。このロゴは、ルーシー・ハスラム氏の息子であり、かつてオーストラリアで医療用大麻の合法化を訴え活動していた末期がん患者ダン・ハスラム氏を称えたものです(2015年2月に逝去)。

また、ハチドリは偉大な勇気、決意、恐れ知らずの象徴であり、存在の明るさを表します。

Medical Cannabis Awareness Weekのロゴ
Image:Medicinal Cannabis Awareness Weekのロゴ「Hummingbird 」(AMCA)

なお、オーストラリア大麻看護協会はこのイベントの一環として設立された形となっています。

オーストラリアは2016年に医療用大麻を合法化。2017年の調査によれば、患者からの医療用大麻の相談に対し「抵抗がない」と回答した一般開業医は28.8%しかおらず、実際にこの時期に医療用大麻の処方はほとんど行われていませんでした。

しかし、ここ2年間で利用患者数は急増し、昨年にはその数は10万名となっています。

昨年シドニー大学の研究者らは、国内の一般開業医を対象とし、医療用大麻に対する認識や態度などに関する調査を実施。その結果、85.3%は過去3ヶ月以内に医療用大麻に関する相談を受けており、このような相談に対し52.3%が「抵抗がない」と回答。また、医療用大麻の処方経験があると回答したのは21.8%となっていました。

このことから、オーストラリアの医師の間で医療用大麻の受け入れは進んできてはいるものの、多くの医師は、まだその実用に抵抗を示していることが分かります。

ABC News (Australian Broadcasting Corporation)「Australian Cannabis Nurses Association launches to educate, advocate for medicinal cannabis」https://www.abc.net.au/news/2023-02-21/australian-cannabis-nurses-association-launches-medicinal/101991114

Australian Medicinal Cannabis Association「Medicinal Cannabis Awareness Week」https://ausmca.org/awareness-week/

ABC News (Australian Broadcasting Corporation)「Medicinal cannabis campaigner Dan Haslam dies after battle with cancer」https://www.abc.net.au/news/2015-02-25/medicinal-cannabis-campaigner-dan-haslam-dies/6260522

United In Compassion「Dan Haslam」https://unitedincompassion.com.au/dan-haslam/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。