NFL出資のCBD研究がまもなく開始 脳震盪と痛みに対する効果と安全性を検証

NFL出資のCBD研究がまもなく開始 脳震盪と痛みに対する効果と安全性を検証

/

カナダのレジャイナ大学はプロアメリカンフットボールリーグ「NFL」からの出資を受け、脳震盪と痛みに対するCBDの効果と安全性を評価する臨床試験をまもなく開始します

CBDは大麻に含まれる主成分の1つであり、精神活性作用はありません。CBDは動物や試験管での研究を中心に鎮痛作用神経保護作用を有する可能性が示されていますが、人を対象とした質の高い研究はまだ不足しています。

このような中、レジャイナ大学の研究チームは18〜35歳の健康なコンタクトスポーツ選手35名を対象とし、日常的なCBD服用の安全性を検証する「第1相試験」を行います。

研究概要によれば、この研究は「CBD製剤の抗炎症作用と神経保護作用を検討し、大会前のオフシーズンにおける集中的な運動(レジスタンストレーニング)期間中に、CBD製剤を日常的に安全に使用できるかどうかを判断すること」を目的としています。

参加者はプラセボ(偽薬)を2週間服用した後、CBDの摂取を低用量(体重1kgあたり5mg)から開始。CBDの摂取量は2週間ごとに5mg/kgずつ、最大30mg/kgまで増量されます。

CBDの服用はCBD99%、THC0.1%を含んだ大麻オイルの摂取により行われます。

CBDを服用している間、参加者は15日ごとに様々な検査を受けることで、脳血管及び心血管系の生理機能への影響、造血機能・肝機能・腎機能への影響、心理面への影響、CBDの薬物動態などが評価されます。また、痛みの強さやQOLの変化についても評価が行われる予定です。

この研究では、「CBDを多く含む大麻・ヘンプベースの製品は安全で忍容性が高く、日常的に投与しても有害な生理学的・心理学的機能障害を引き起こさないこと」が主要な仮説となっています。

レジャイナ大学の研究チームは現在、この研究に参加するコンタクトスポーツ選手の募集を開始しています。

2022年2月、NFLは同研究に出資することを発表。また、NFLはカリフォルニア大学サンディエゴ校の研究にも出資することも明らかにしました。

カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究では、プロアスリートにおける競技後の軟部組織損傷による痛みに対し、THC、CBD、THCとCBDの併用がそれぞれ有効で安全なのかが検証される予定です。

さらに、NFLは2023年6月、外傷後頭痛を有するコンタクトスポーツ選手に対し、CBDと非侵襲的迷走神経刺激法(nVNS)がオピオイドの代替として有効なのかを検証する研究に出資することも発表しています

なお、NFLは2020年、大麻検査で陽性反応が出ても即座に選手を試合出場停止処分にしないことを決定しています

運動やスポーツにおいて大麻やカンナビノイドが有益となる可能性は、様々な研究によって報告されています。

アメリカの研究チームは、3ヶ月以上慢性疼痛を抱えるプロアスリート20名にCBDを主成分としたクリームを6週間使用してもらった結果、痛みや日常生活機能の改善が認められたことを報告

インディアナ大学の研究チームはヘディング後のサッカー選手において、大麻使用者では非使用者よりも脳へのダメージが少ないことを報告し、大麻がコンタクトスポーツにおいて有益となる可能性を明らかにしました。

米国のケント州立大学とグランド・バレー州立大学の研究者らは、定期的に有酸素運動や筋トレをしている大麻使用者111名を調査した結果、回答者の93%が運動後の回復に大麻が役立つと実感していたことを報告

大麻・CBD企業によって行われた研究では、大麻成分CBD、CBGβカリオフィレンを含んだ製剤が運動後の筋肉痛を緩和し、生活機能を改善させたことが報告されています

このような報告が増える中、プロスポーツ界では大麻の規制を緩和する動きがみられています。

メジャーリーグベースボール(MLB)は2019年に大麻を禁止物質リストから除外することを決定。2023年にはバスケットボールの最高峰であるNBAアメリカの総合格闘技団体UFCも同様のポリシーを採用しました

NCAA(全米大学体育協会)の委員会は2023年9月、同協会において大麻を禁止物質リストから除外するよう正式に勧告。これを受け、NCAAで最も競技レベルの高いリーグである「ディビジョン1」の評議会は最近、この提案の採用を決定する採決を6月に行うことを明らかにしました

これが採用されれば今年8月以降、ディビジョン1の大学生アスリートは大麻検査を受ける必要がなくなり、大麻で罰則を課されることがなくなります。

Marijuana Moment「NFL Partnering On New Study Using CBD To Treat Pain And Protect From Concussions」https://www.marijuanamoment.net/nfl-partnering-on-new-study-using-cbd-to-treat-pain-and-protect-from-concussions/

ICH GCP「Cannabinoids for Pain Management and Neuroprotection From Concussion」https://ichgcp.net/clinical-trials-registry/NCT06204003

NFL.com「NFL Awards $1 Million to Study Impact of Cannabis and CBD on Pain Management」https://www.nfl.com/news/nfl-awards-1-million-to-study-impact-of-cannabis-and-cbd-on-pain-management

Marijuana Moment「NCAA Division I To Vote On Removing Marijuana From Banned Substances List For Student Athletes」https://www.marijuanamoment.net/ncaa-division-i-to-vote-on-removing-marijuana-from-banned-substances-list-for-student-athletes/

National Collegiate Athlete Association「Division I Council introduces proposals into legislative cycle」https://www.ncaa.org/news/2024/1/10/media-center-division-i-council-introduces-proposals-into-legislative-cycle.aspx

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。