米ニューメキシコ州が嗜好用大麻販売1周年を迎える 初年売上3億ドル超

米ニューメキシコ州が嗜好用大麻販売1周年を迎える 初年売上3億ドル超

/

米国のニューメキシコ州は2021年6月に嗜好用大麻を合法化し、2022年4月1日より販売を開始。

それからおよそ1年間が経過した4月3日、ミシェル・ルーハン・グリシャム(Michelle Lujan Grisham)州知事は、これまでの嗜好用大麻の売上が3億ドル(約395億3600万円)を超え、業界において数千もの新規雇用が創出されたことをプレスリリースにて発表しました。

嗜好用大麻の月間売上は1年間を通して安定しており、2023年3月の売上は3,230万ドル(約42億5672万円)と過去最高を記録。大麻から得た税収は2023年3月までで2700万ドル(約35億5907万円)を超え、州の一般財源と地域社会に投入されています。

大麻産業において、同州は1年間で大麻小売業者633件、生産者351件、小規模生産者415件、製造業者507件を含む約2,000件のライセンスを発行。

ルーハン・グリシャム州知事は「わずか1年で州内のコミュニティに数億ドルの経済活動が生まれ、企業数は増え続け、何千人ものニューメキシコ州民がこの新しい産業によって雇用されています」「革新的で安全な嗜好用大麻産業を発展させ続けることで、将来どうなっていくのか楽しみです」と述べています。

なお、同州の医療用大麻の年間売上は約1億8,740万ドル(約246億9688万円)となっています。

2023年2月より嗜好用大麻の販売を開始したミズーリ州では、初月の売上が7,170万ドル(約94億5131万円)に達し、好調な滑り出しを見せています。また、大麻ビジネスの新規ライセンス発行数が、11月から2月まででおよそ4倍にまで増加。大麻業界で働く人はミズーリ州保健福祉省(DHSS)から認証バッジを取得する必要がありますが、承認した月間バッジ数は11月で264個であったのに対し、2月では1,100個以上。2023年2月末の時点で、大麻ビジネス従事者は12,970人に達しています。

2023年2月、米コロラド州に本社を置く大麻産業マーケティング及びコンサルティング企業「BDSA」は、今後2027年までに世界の大麻市場の年平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)が13.2%となり、市場規模が596億ドル(約8兆1,345億円)に達する見込みであることを発表しています

大麻に特化した人材サービス企業「Cannabizteam」は今年始め、2023年中にアメリカで108,000人の新規雇用が生まれると予測

イリノイ州知事は2月の州予算会議の演説において、州内で2020年に嗜好用大麻を合法化して以降、3万人以上の新規雇用が生み出されたことを明らかにしています

全米経済研究所(NBER)は2022年末、米疾病対策予防センター(CDC)の薬物依存・精神衛生管理局(SAMHSA)によって収集されたデータを分析した結果、嗜好用大麻の合法化が雇用や収入に悪影響を及ぼしていなかったことを報告しています

Office of the Governor – Michelle Lujan Grisham「New Mexico cannabis industry marks one year, more than $300 million in adult-use sales」https://www.governor.state.nm.us/2023/04/03/new-mexico-cannabis-industry-marks-one-year-more-than-300-million-in-adult-use-sales/

Marijuana Moment「New Mexico Governor Touts $300 Million In Adult-Use Marijuana Sales In The First Year Since Market Launched」https://www.marijuanamoment.net/new-mexico-governor-touts-300-million-in-adult-use-marijuana-sales-in-the-first-year-since-market-launched/

MJBizDaily「New Mexico legal adult-use marijuana sales exceed $300 million in first year」https://mjbizdaily.com/new-mexico-legal-adult-use-marijuana-sales-exceed-300-million-in-first-year/

Missouri Independent「Missouri sees surge in cannabis jobs after legalization vote」https://missouriindependent.com/2023/04/03/missouri-sees-surge-in-cannabis-jobs-after-legalization-vote/

MJBizDaily「Missouri adult-use marijuana sales top $71.7 million in first month」https://mjbizdaily.com/missouri-adult-use-marijuana-sales-top-71-7-million-in-first-month/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。