米、2023年の大麻関連企業への新規雇用が10万人を超える見込み

米、2023年の大麻関連企業への新規雇用が10万人を超える見込み

/

大麻に特化した人材サービス企業「Cannabizteam」が2023年版大麻産業給与ガイド(2023 Cannabis Industry Salary Guide)を発表。

アメリカの大麻産業における給与は前年比で平均5%増え、経営陣においては10%上昇していました。

また、嗜好用大麻が合法化されたニューヨーク州、ニュージャージー州、メリーランド州、ミズーリ州、イリノイ州において大麻の販売が完全に実施されれば、2023年中に108,000人の新規雇用が生まれると予測されています。

Cannabizteamの創業者兼CEOであるリーズル・バーナード氏は「新規大麻消費者の大幅な増加、300億ドルを超える記録的な売上高、人口の多い州が嗜好用大麻を合法化したことに後押しされ、大麻の雇用市場は依然として強固なままとなっている」と述べています。

Benzinga「EXCLUSIVE: 108,000 New Cannabis Jobs Predicted For US In 2023, Strongest Markets Revealed」https://www.benzinga.com/markets/cannabis/23/01/30626579/exclusive-108-000-new-cannabis-jobs-predicted-for-us-in-2023-strongest-markets-revealed

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

イギリス、ヘンプの栽培規制を緩和

4月9日、イギリス政府は経済的・環境的可能性を最大限に引き出すため、ヘンプの栽培規制を緩和することを発表。この新たな規制は2025年の栽培シーズンより施行されます。 イギリスにおいてヘン...

マラウイが高THC大麻の栽培を承認

マラウイ共和国の議会は、認可された栽培業者が輸出を目的とし、THC濃度の高い国産大麻を栽培することを承認しました。 アフリカの南東部に位置するマラウイはタバコの主要な生産国であり、国...