米ニューメキシコ州、嗜好用大麻合法化前夜に知っておく法律

/

アメリカ ニューメキシコ州では、2021年6月29日(火)より嗜好用大麻が合法化されます。

今回施行される法律について、見ていきましょう。

 

所持

21歳以上の成人は、1度に2オンス(約56グラム)の大麻、16オンス(453グラム)の大麻抽出物、または800ミリグラムの大麻食品を購入し所持することができます。

 

販売開始時期

販売は、遅くとも2022年1月1日に販売免許を発行し、2022年4月1日から販売開始される予定です。

 

販売開始までの合法的な入手方法

販売開始を待つしかありません。州を越えて大麻を持ち帰ることも違法のため、他のすでに販売開始している州で購入することはできますが、自宅に持ち帰ることは許されていません。

 

自宅での栽培

個人使用目的であれば、6株まで。

21歳以上の成人が2人以上いる家庭は、12株まで栽培可能です。

また、自宅での栽培にあたって許可は必要なく、必要になるのは種のみです。

 

公共の場所での大麻使用

使用できません。将来的には、認可された大麻使用エリアを作る計画があります。

 

医療用大麻患者の税金優遇

医療用大麻患者の一定量の大麻には課税されませんが、嗜好用大麻はすべて課税されます。

 

大麻を製造、販売、譲渡するためのライセンスを申請できる条件

21歳以上で、詐欺や横領など業務上の犯罪で有罪判決を受けていない人は、申請する資格があります。その他の犯罪歴がある場合も申請は可能ですが、審査に影響はあります。

 

ライセンスの費用

ライセンスの詳細は協議中です。

現在の提案では、大規模な大麻生産者、製造者、小売業者、大麻試験・研究機関の運営をする業者のライセンス費用は年間2,500ドル、拠点追加ごとに1,000ドルの追加料金、小規模事業者は年間500ドルから複数事業を含むライセンスの場合に最大2,500ドルとなっています。

 

ビジネスライセンスを申請するために必要なもの

全ての大麻事業者は、栽培、製造、販売などをするための施設、金庫や防犯カメラなどセキュリティシステムが必要です。栽培者は、水利権の法的証明が必要です。

 

ライセンスの申請開始時期

申請の開始日は2021年9月1日です。州政府はそれよりも早い7月中旬には開始できるとも伝えています。

 

生産や製造量の上限

大企業向け、小規模事業者向けなど免許によって認められる量が変動します。

 

嗜好用大麻の法律と現在の医療用大麻の法律の連動

医療用大麻事業者は、嗜好用大麻を製造・販売するデュアルライセンスを申請することができます。

また、現在提案されている案では、患者への供給不足にならないように嗜好用大麻の小売業者は、医療用大麻患者のために製品の少なくとも25%を確保することが求められています。

 

地方自治体の大麻に対する権限

市、町、郡は、大麻事業者に対して、認可する店舗の場所や営業時間など、独自の制限を設けることが可能です。しかし、大麻事業を全面的に禁止する権限はありません。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

大麻成分CBDが月経関連症状を緩和

大麻成分CBDの摂取により、月経関連症状に悩む女性の諸症状が緩和されたことが報告されました。論文は「Experimental and Clinical Psychopharmacology」に掲載されています。月経(生...