脳腸相関と大麻のイラスト

CBDが脳腸相関を整え、パーキンソン病を改善する可能性

2022年3月22日、CBD(カンナビジオール)が脳腸相関を調節することにより、パーキンソン病に治療効果をもたらす可能性を示した論文が、中国の研究者らにより公開されました。

パーキンソン病は運動障害を主症状とした神経難病の1つです。体の動きを調節するドーパミンを放出する脳内(中脳黒質)の神経細胞が死滅していくことで、体を思い通りに動かせなくなり、最終的に寝たきり状態となっていきます。

このドーパミン神経細胞の変性は、レビー小体という異常なタンパク質のかたまりが形成されることにより生じます。他にも脳内における炎症や酸化ストレスも関与していると言われています。ですが、まだ根本的な原因は明らかになっていません。

その中で近年、腸内環境の変化も、パーキンソン病の原因として有望視されています。

腸は脳と相互に作用することから、第二の脳とも言われています(脳腸相関)。そして腸内環境を整えることにより、数々の病気を予防できることが明らかになってきています。例えばその1つに、うつ病が挙げられます。

パーキンソン病では、先行してうつ病を発症するケースが多いです。さらにパーキンソン病を発症する数年前から、多くの人に便秘もみられます。そしてレビー小体の形成や炎症所見は、脳だけでなく腸にも認められることが明らかになってきています。

これらのことから、パーキンソン病は腸から始まっているという考えが広まってきています。

大麻由来成分であるCBDは、以前パーキンソン病のコンテンツでもお話ししたように、抗酸化作用・抗炎症作用・エンドカンナビノイドシステムの調節により、パーキンソン病に対し有効である可能性が示されてきています。

またCBDやTHC(テトラヒドロカンナビノール)が脳腸相関を整えることも分かってきており、この作用が多発性硬化症アルコール依存症などの治療の一助となっている可能性も示されています。

今回の研究では、初期段階のパーキンソン病モデルのラットを用いて、パーキンソン病の原因と、CBDを三週間投与することによる治療効果が検討されました。

その結果、CBDはマウスの運動障害を有意に改善しました。病理学的初見でも、CBDを投与したマウスでは脳(中脳黒質)の神経細胞の萎縮が回復し、αシヌクレイン(レビー正体を形成する主なタンパク質)の凝集も防いでいました。

脳と糞便を解析した結果、パーキンソン病モデルのマウスの脳と腸において、代謝の変化が認められました。そしてCBDが、この脳腸相関の変化を調節することも明らかになりました。

今回の研究におけるCBDの治療効果は、主にこの調節作用によりもたらされたと、研究者らは述べています。

現在パーキンソン病に根治治療はなく、ドーパミンを補充する薬がメインとなっています。これらの薬はしばしば副作用が問題となり、長期に使用するのが難しいため、新たな治療方法が現在も模索されています。

一方、CBDは忍容性が高く、重篤な副作用もほとんど報告されていません。

もしかしたら今後、CBDが新たな治療戦略の1つとして、加わる日がくるかもしれません。

なお、2019年に医療用大麻を合法化したタイでは、医療用大麻の適応疾患リストにパーキンソン病が入っています。そして大麻の使用により、79.1%の人がパーキンソン病において治療効果を実感したと報告しています。

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...