スイス・チューリッヒ、嗜好用大麻試験プログラム開始を発表
スイス・チューリッヒ・フラウミュンスター教会

スイス・チューリッヒ、嗜好用大麻試験プログラム開始を発表

/

スイスでは、2017年からTHC含有量1%未満の大麻製品を合法的に購入できるようになっていましたが、今年5月スイスは麻薬法を改正し、嗜好用大麻を研究目的で試験的に使用することが可能になりました。

チューリッヒ(Zurich)は、嗜好用大麻試験プログラムに参加している都市の一つで、来年から開始することをプレスリリースで発表しました。

 

チューリッヒでの嗜好用大麻試験プログラムは、「Züri Can – Cannabis with Responsibility(訳:責任ある大麻)」というプログラム名で3年半にわたり大規模に実施され、チューリッヒ大学精神医学病院とチューリッヒ薬局ネットワーク、ソーシャルクラブ(大麻販売店)が提携し、嗜好用大麻の販売が行われます。

本プログラムの大麻生産者になる場合には、品質基準を保つためにスイス連邦公衆衛生局が管理している生産許可証を取得する必要があります。また、栽培はスイス国内栽培で完全にオーガニックである必要があります。

 

このプログラムを通して、法律家が連邦政府の大麻政策や規制を作り、4年後の正式な合法化を目指しています。

また、バーゼル(Basel)、ベルン(Bern)、ルツェルン(Lucerne)、ジュネーブ(Geneva)でも、嗜好用大麻試験プログラムは行われます。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...