アメリカ麻薬取締局が大麻やマジックマッシュルームの研究用生産量を増やすことを提案

アメリカ麻薬取締局が大麻やマジックマッシュルームの研究用生産量を増やすことを提案

/

DEA(アメリカ麻薬取締局)は、新しい治療薬の開発を支援する目的で、研究用のマリファナとマジックマッシュルームの生産を大幅に増加させることを提案しています。

「研究や臨床試験目的で規制物質を使用することへの関心が現在高まっており、今回の生産量の増加はFDA(米国食品医薬品局)による新薬の承認に向けた必要なステップとして、新薬の開発に必要な研究、特にマリファナに関する研究を行う必要性を反映したものである」とDEAは述べています。

DEAは現在、2トンのマリファナの生産を提案しており、これはマリファナの当初の生産量を0.5トン上回る量です。また、大麻抽出物を0.5トン製造することを提案していますが、これは当初の生産量の2倍以上になります。

マジックマッシュルームの主要な精神活性成分であるシロシビンとシロシンについては、当初シロシビンは50グラムでしたが1,500グラムに、シロシンは50グラムから1,000グラムへと大幅な引き上げ提案をしています。

これらの生産量については現地時間9月2日(木)に正式に発表された後、30日間関係者の意見を集める予定です。

現在までのところスケジュールIの規制薬物には変わりありませんが、連邦政府の麻薬取締機関が医療効果を認識し研究を促進しようとしている事実は大きな前進です。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...

CBDVとは?

CBDV(カンナビジバリン)は1969年に初めて単離されたカンナビノイドで、天然の大麻草に少量しか含まれていない「マイナーカンナビノイド」に該当します。 CBDVの発見は50年以上も前ですが...

不安

「明日のプレゼンうまくいくかな」 「本番で失敗しないかな」 日常生活や仕事の様々な場面において、私たちは不安を感じる瞬間があります。 基本的に不安によって生活に支障が出ることはありませ...