英国食品基準庁、CBD事業者に警告を発する

英国食品基準庁、CBD事業者に警告を発する

/

FSA(Food Standards Agency:英国食品基準庁)は、12月8日に理事会を開催し、会議の内容をプレスリリースで公開しました。

FSAのCEOエミリー・マイルズ(Emily Miles)氏は、「現在安全性評価を経て許可を得て販売されているCBD製品はありません。」と述べ、CBD業界や小売業者に対して責任を持って行動するよう警告を行いました。

FSAは2020年2月に、CBD製品を販売する際にFSAに申請し許可を得ることを義務付け、申請書に記載した製造方法で毎回製造しなければいけないというルールを設けました。2021年3月31日以降は許可を得たCBD製品のみ販売を継続できると発表していましたが、現在までのところ発表は延期となっています。

現在何千という数の製品が申請されていますが、FSAの理事会の中でマイルズ氏は、3月31日の期限に間に合わなかった理由の一つは「申請書の質が予想よりも低いこと」と述べています。

FSAの認可を得たCBD製品のリストは近いうちに公開されると予想されていますが、それ以降はイングランドとウェールズではこのリストを使用して取り締まりが行われる可能性があります。(スコットランドの規制はFood Standards Scotlandが担当しており、北アイルランドの規制はEUの規則と認可手続きに従う必要があります。)

マイルズ氏は、「私たちの承認プロセスで製品が拒否された場合、取り締まりを強化する必要があります。FSAはこのプロセスをサポートします。」と地方自治体に対して発信しています。

FSA長官のスーザン・ジェッブ(Susan Jebb)氏は、次のように述べています。「FSAは消費者を保護する義務があります。この機会に、CBDを摂取する前に慎重に考え、CBD製品に関してFSAのアドバイスに従うようお願いします。FSAは、安全ではない製品によって消費者が大きなリスクにさらされている証拠が出てきた時には、躊躇なく行動を起こすでしょう。」

FSAは、健康な成人の場合、1日あたりCBD70mgを上限とすることをアドバイスしています。妊娠中および授乳中の場合、薬を服用している人などの場合は、安全性評価が完了していないためCBDを摂取しないことを推奨しています。

次回のFSA理事会は、2022年3月9日に開催される予定です。

また、米国の連邦政府機関であるFDA(食品医薬品局)は薬として大麻由来製剤エピディオレックス(Epidiolex)を承認していますが、食品や栄養補助食品としての大麻由来製品を認めていません。

FDAは、それを可能にするための規制の道筋を模索していると述べているため、州レベルではなく連邦レベルで認められることをCBD業界関係者は心待ちにしています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。