テキサス州裁判所が州によるヘンプ喫煙製品の製造と販売の禁止は違憲であると判決を下す

テキサス州裁判所が州によるヘンプ喫煙製品の製造と販売の禁止は違憲であると判決を下す

/

テキサス州が喫煙可能なヘンプ製品の製造・販売を禁止していることは違憲であると、州の地方裁判所が8月23日に判決を下しました。

2018年に連邦政府がTHC含有量0.3%以下の大麻(ヘンプ)を合法化した後にテキサス州はヘンプ由来の喫煙製品の製造・販売を州法で禁止にし、ヘンプ事業者団体が2019年に訴訟を起こしていました。

裁判官のローラ・リヴィングストン(Lora Livingston)は判決文の中で、「更なる証拠や審理の必要なく、原告に有利な判決を下す」と述べました。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

Uber EatsでTokyo Smokeの大麻の注文が可能に

Uber Eatsは、カナダのオンタリオ州で大麻の注文を受けることをプレスリリースで発表しました。「cannabis」という新たなセクションを設け、Tokyo Smokeの商品を11月22日(月)より掲載し...