テキサス州裁判所が州によるヘンプ喫煙製品の製造と販売の禁止は違憲であると判決を下す

テキサス州裁判所が州によるヘンプ喫煙製品の製造と販売の禁止は違憲であると判決を下す

/

テキサス州が喫煙可能なヘンプ製品の製造・販売を禁止していることは違憲であると、州の地方裁判所が8月23日に判決を下しました。

2018年に連邦政府がTHC含有量0.3%以下の大麻(ヘンプ)を合法化した後にテキサス州はヘンプ由来の喫煙製品の製造・販売を州法で禁止にし、ヘンプ事業者団体が2019年に訴訟を起こしていました。

裁判官のローラ・リヴィングストン(Lora Livingston)は判決文の中で、「更なる証拠や審理の必要なく、原告に有利な判決を下す」と述べました。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。