CBDがパンデミック最前線で勤務する医療従事者の精神疲労を軽減した研究結果を発表

CBDがパンデミック最前線で勤務する医療従事者の精神疲労を軽減した研究結果を発表

/

長期に続く新型コロナウイルスパンデミック。

COVID-19の患者を担当する医療従事者の精神的疲労や燃え尽き症候群が懸念されている中、大麻由来の成分CBDの摂取がそれらの症状を軽減することが分かり8月13日にJAMA Network Openに研究結果がオンライン掲載されました。

 

ブラジル・サンパウロのリベイランプレット医科大学病院(Ribeirão Preto Medical School University Hospital)でCOVID-19の患者を担当する第一線の医療従事者120名を対象とした無作為臨床試験を行い、精神的疲労や燃え尽き症候群の症状とCBD療法の安全性と有効性を検証。

28日間にわたり61名に1日2回150mgのCBDの投与と共に標準治療、59名には標準治療のみを行いました。

治療中にCBD投与群の5名が重篤な症状となりましたが、全員回復。

CBD投与によって精神的疲労症状の緩和が見られました。

今後、プラセボ投与も用いるなどの臨床試験を実施して、更なる結果を確認する必要があるとしています。

プラセボとは?

偽薬のこと。効果があると言われると効果が皆無のはずの薬を服用しても患者自身が効き目があると思い込むことで病気の症状が改善することがあります。これをプラセボ効果と呼びます。

薬の効果を検証する臨床試験ではプラセボ効果を差し引いて、本当の意味での薬の有効性を科学的に明らかにする必要があります。プラセボは見た目、重さ、味覚など本当の薬と区別がつかないように作られ、誰がプラゼボを服用しているかを患者、担当医師、薬剤師、看護師などに分からないように実施されます。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

EU、THC最大値0.3%への引き上げを最終決定

欧州連合(EU)は27の加盟国が存在し、欧州共通の政策を決定するための欧州議会が存在します。 THC最大値0.2%をヘンプ(産業用大麻)と定義しこれまで認めてきましたが、2020年10月に欧州...

ランボルギーニがCBD業界に進出

「ランボルギーニ(Lamborghini)」は、イタリアの高級自動車、スポーツカーブランドとして有名ですが、ライフスタイルブランドとして紳士服、サングラス、スーツケースなどのブランド展開や...