アーティストのPitbullがCBD業界に参入

アーティストのPitbullがCBD業界に参入

コロンビア・ケア(Columbia Care)社が、世界的なアーティストとしてMr. Worldwide(ミスタ・ワールドワイド)とも呼ばれ、Twitterだけでも2500万人以上のフォロワーを持つピットブル(Pitbull)と提携し高品質なフルスペクトラムCBD製品「N2P」を発売することをプレスリリースで10月25日に発表しました。

N2Pは「Negative to Positive(ネガティブからボジティブへ)」を意味しており、CBD製品に対するネガティブなイメージを変え、CBD製品の可能性にポジティブな光を当てようとしています。

コロンビア・ケア社の最高事業成長責任者(CGO:Chief Growth Officer)のジェシー・シャノン(Jesse Channon)氏は、「私たちは、人々が信頼して最高の体験を期待できる製品ラインを提供することでCBDに関する話題をポジティブに変えることを約束します。ピットブルとパートナーシップを結んだ理由は、彼のCBDへの情熱です。健康とウェルネスに熱心なお客様だけでなく、CBDに興味があっても躊躇していたお客様にもプレミアムなフルスペクトラムCBD製品を手に取ってもらえるよう一緒になって取り組んでいます。誰もがマイナスをプラスに変えられるようにしたいです。」と述べています。

ピットブルは、「コロンビア・ケア社と提携して新しいCBDラインN2Pを発表できることを光栄に思います。N2Pは、CBDの治療効果を目的とした、すべてがナチュラルな高品質製品です。私たちの目標は、CBD製品の健康・ウェルネス効果に関する認識を変えることです。世界中のファンの皆様とN2Pを共有できることを楽しみにしています!」と述べています。

N2Pの製品は高品質を大切に、米国で栽培された天然のヘンプを原料とし、運動後の回復、日々のストレスからの解放、自然な睡眠サイクルのサポートなど、ヘンプの持つ可能性を最大限に引き出した製品を、最初はCBDオイル、リップバーム、軟膏、グミの販売から開始し、次はチョコレート製品を近く販売開始予定です。

N2P_Product_Line_Up-1

コロンビア・ケア社は、大麻製品および関連サービスの栽培、製造、提供を行っている最大かつ最も経験豊富な企業の一つであり、米国の18の司法管轄区およびEUでライセンスを取得し、99のディスペンサリーと31の栽培・製造施設(開発中の施設を含む)を運営しています。

コロンビア・ケア社は、米国における医療用大麻の最初の参入企業の一つであり、現在では医療用市場と嗜好用市場の両方に業界をリードする製品とサービスを提供しています。2021年には新たな小売ブランド「Cannabist」を立ち上げ、独自の技術プラットフォームを活用した全米規模のディスペンサリーネットワークを構築。Seed & Strain、Triple Seven、gLeaf、Classix、Press、Amber、Platinum Label CBDなどの人気ブランドを製造しています。

コロンビア・ケア社の詳細は、col-care.com

N2Pの詳細は、n2pwellness.com

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

Uber EatsでTokyo Smokeの大麻の注文が可能に

Uber Eatsは、カナダのオンタリオ州で大麻の注文を受けることをプレスリリースで発表しました。「cannabis」という新たなセクションを設け、Tokyo Smokeの商品を11月22日(月)より掲載し...