(写真:ペルーのアンデス山脈、標高約2,450mに位置するマチュピチュ)

ペルー、患者による医療用大麻の栽培を合法化

/

ペルーでは医療用大麻を2017年に合法化にしていましたが、販売薬局が非常に少なく、患者による大麻や大麻製品の購入は困難なままでした。

法改正により、7月25日(日)より治療目的での栽培、加工、輸送、保管が可能になりました。

医療用大麻の栽培などを行うためには、登録が必要となります。

 

また、ペルーでは大麻を非犯罪化しており8グラム以下の所持の場合は個人使用とみなされ罰則はありませんが、登録なしでの栽培、加工、販売は8年から15年の懲役が科されます。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

香港でCBD起業家の逮捕が始まる

中華人民共和国国務院(State Council of the People’s Republic of China)が9月19日に公開したプレスリリースによると、香港特別行政区の行政長官であるジョン・リー(李家超)氏がCBDにつ...