(写真:ペルーのアンデス山脈、標高約2,450mに位置するマチュピチュ)

ペルー、患者による医療用大麻の栽培を合法化

/

ペルーでは医療用大麻を2017年に合法化にしていましたが、販売薬局が非常に少なく、患者による大麻や大麻製品の購入は困難なままでした。

法改正により、7月25日(日)より治療目的での栽培、加工、輸送、保管が可能になりました。

医療用大麻の栽培などを行うためには、登録が必要となります。

 

また、ペルーでは大麻を非犯罪化しており8グラム以下の所持の場合は個人使用とみなされ罰則はありませんが、登録なしでの栽培、加工、販売は8年から15年の懲役が科されます。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。