ポール・マッカートニーが自身の農園でヘンプ栽培をしていることを明かす
ビートルズ(ジョージ・ハリスン、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター)イラスト

ポール・マッカートニーが自身の農園でヘンプ栽培をしていることを明かす

/

1960年代にはビートルズのメンバーとしてジョン・レノンと共に多くの楽曲を作詞作曲し、ヴォーカルと演奏を担当するなど、ギネス記録にポピュラー音楽史上最も成功した作曲家として掲載されるほどの成功を遂げたイギリスの歌手ポール・マッカートニー(Paul McCartney)

Embed from Getty Images

79歳の彼がRiver Cafeのポッドキャスト「Table 4」に出演し、自身の所有する農園でスペルト小麦、ライ麦、エンドウ豆のほか、ヘンプ(産業用大麻)を栽培していることを語りました。イギリスではライセンスを取得することでヘンプを合法的に栽培することが可能です。

「政府の規制で面白いのは、人の目に触れないところに置いておかないといけないんだ」と語っています。

その他にもジョン・レノンと一緒にパリで初めてワインを味わったときのこと、ロックンロールの世界でベジタリアンになったときのこと、トマトとバジルを使った完璧な茄子のローストの作り方についても語りました。

 

ポール・マッカートニーは、20年以上前から自身の農園でオーガニック栽培を行っており、当時は周りの農家から「お前はバカだ。そこで何をしているんだ」と否定されたが、今ではポールのオーガニック栽培の考え方に賛同するようになったそうです。

 

1964年には、ニューヨークのホテルでボブ・ディランと初めて大麻を吸い、その後大麻を愛してきました。

1980年にライブのために来日した成田空港の税関で大麻取締法違反で現行犯逮捕され、9日間勾留された後に国外退去処分を受け、ツアーの全日程が中止になり、当時の日本のワイドショーはその話題で持ちきりとなりました。また、逮捕時に所持していた大麻の量は219グラムでした。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

Uber EatsでTokyo Smokeの大麻の注文が可能に

Uber Eatsは、カナダのオンタリオ州で大麻の注文を受けることをプレスリリースで発表しました。「cannabis」という新たなセクションを設け、Tokyo Smokeの商品を11月22日(月)より掲載し...