米ルイジアナ州で嗜好用マリファナ非犯罪化法制定

/

ルイジアナ州のジョン・ベル・エドワーズ知事は、少量の嗜好用マリファナの所持を非犯罪化する法案に署名しました。

この法案は、2021年8月1日に施行され、8月1日以降は、14グラムまでのマリファナ所持は罪に問われません。

エドワーズ知事は声明の中で、「これは私が軽々しく決めたことではありません。ルイジアナ州は、人生を台無しにし、家族を崩壊させ、納税者に多大な負担を強いるような軽微な法律違反のために、もはや人々を投獄すべきではないと私は深く信じています。」と述べました。

 

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。