ニューヨーク州、医療用大麻の自家栽培を解禁へ
夕日に照らされるエンパイアステートビル

ニューヨーク州、医療用大麻の自家栽培を解禁へ

/

ニューヨーク州の大麻管理委員会(CCB:Cannabis Control Board)は10月21日に第2回目の会議を行い、医療用大麻患者が治療目的での大麻栽培を自宅で行うことを認めること、過去の大麻有罪判決の記録抹消を行う手続きを進めていることをプレスリリースで発表しています。

今回発表された新規則では、ニューヨーク州の医療用大麻患者は、1人あたり成熟した大麻植物3株と未成熟の大麻植物3株まで(1世帯では最大で成熟した大麻植物6株と未成熟の大麻植物6株まで)栽培が可能になります。

栽培を行うためには認可を得る必要があり、病状により栽培を行えない場合は指定介護者が栽培を代理して行うことも許可されます。

大麻の種子、成熟した植物、未成熟の植物、花は、登録された団体以外への販売、交換などは明確に禁じられており、人目のつかない密閉された場所での栽培、においを緩和するための措置、施錠、セキュリティ装置の設置と維持などが義務付けられています。

また、物件のオーナーは入居者が大麻栽培を行うことを禁止することができます。

60日間のパブリックコメント期間が設けられ、その後ニューヨーク州大麻管理委員会は必要な修正を行い、規則を正式に発効します。

 

現在、約20万3,000件の大麻関連の犯罪履歴を抹消するための手続きを行っていることも発表されています。2019年に抹消された約19万8,000件の大麻関連の犯罪履歴と合わせると40万人以上のニューヨーカーの大麻関連の犯罪履歴が抹消されることになります。

10月5日に開催された第1回目のニューヨーク州大麻管理委員会の会議では、医療用大麻に「大麻の花」を追加、患者と介護者の登録料50ドルの撤廃、購入可能量を30日分から60日分へ引き上げを決定しています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...