ニューヨーク州、医療用大麻の販売に「大麻の花」を追加

ニューヨーク州「大麻の花」を医療用大麻の販売に追加

/

大麻の販売規制を担当するニューヨーク州の大麻管理委員会(CCB:Cannabis Control Board)は、現地時間10月5日に初会合を開催。会合の中で、2014年より始まっているニューヨーク州の医療用大麻プログラムの変更を実施。販売許可を出している医療大麻製品にオイルや大麻食品などに加え、大麻の花を追加したことをNew York Daily Newsが報じています。

ニューヨーク州上院議員のダイアン・サヴィーノ(Diane Savino)氏は、「待ち望んでいたニューヨーカーにとって、素晴らしい日です。大麻の花を選択肢に加えることは、救済を求めて奮闘してきた何千人もの人々にとって、ゲームチェンジャーとなるでしょう」と述べています。

また、患者と介護者の登録料50ドルを今後は免除し、患者が購入できる大麻製品の量を30日分から60日分に増やす決定も行いました。

 

今年3月にニューヨーク州では嗜好用大麻を合法化し大麻に関する法改正を行いましたが、アンドリュー・クオモ前知事が州議会上院と対立し、栽培、加工、流通、販売のルールやライセンス内容を決定するために必要な人事である大麻管理局の局長の指名や大麻管理委員会の委員の指名をしていませんでした。

8月24日付けで新知事に就任したキャシー・ホーチュル知事はこれらの人事はニューヨーク州の最優先事項であると宣言し、すぐに実行していました。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

Uber EatsでTokyo Smokeの大麻の注文が可能に

Uber Eatsは、カナダのオンタリオ州で大麻の注文を受けることをプレスリリースで発表しました。「cannabis」という新たなセクションを設け、Tokyo Smokeの商品を11月22日(月)より掲載し...