全米初の違法薬物使用施設は、ニューヨーカーの命を救っていると発表

全米初の違法薬物使用施設は、ニューヨーカーの命を救っていると発表

- 開設から3週間の成果をニューヨーク市が発表

/

米国最大の都市ニューヨーク市(NYC)は、薬物依存症の人々を救うためにハームリダクションの考えによる監視の下で違法薬物を使用できる施設を11月30日に全米で初めて公的に認め、OnPoint NYC社がニューヨーク市内に2箇所開設しました。

OPC(Overdose Prevention Center:過剰摂取防止センター )と呼ばれる施設では、清潔な注射針の提供をすることで感染症を防いだり、人のいないところで薬物を摂取するのではなく施設に来てもらうことで過剰摂取を防いだり、様々な相談に乗ることが可能になり、医療の提供、依存症の治療、社会的支援につなげることが期待されています。

開設から3週間が経過した12月21日、3週間で少なくとも59件の過剰摂取を回避して怪我や死亡事故を防いだことをニューヨーク市がプレスリリースで発表しました。また、同施設の利用回数は2,000回を超えています。

ニューヨーク市保健局長官のデイブ・チョクシ(Dave Chokshi)氏コメント

この結果は有望であり、この施設が必要のない苦痛と回避可能な死を減らしていることを示しています。シンプルな真実は、同施設が私たちの隣人、家族、愛する人たちの命を救うということです。ニューヨーカーの健康を守るために、この重要なサービスを開始してくれたOnPoint NYCに感謝します。

OnPoint NYCエグゼクティブ・ディレクター、サム・リベラ(Sam Rivera)氏コメント

私たちは、薬物を使用している人々の人生の旅の途中で出会うことで、彼らが自分の価値を高められるようサポートしています。人生を祝福することで、人間として扱われないことが多い人々を人間らしくします。

OnPoint NYCでは、愛を持ってケアが行われています。スタッフはとても忍耐強く、思いやりがあり、利用者に尽力しています。利用者が抱えているトラウマはとても深いもので、その痛みを癒すには時間がかかります。多くの人にとっては、非常に長いプロセスとなります。

初期のデータによると、同施設は目的通りの方々に対してすでに効果を発揮しています。私たちは、利用者が薬物を使用し最も弱い状態にある時に働きかける勇気を持っています。彼らが準備ができたときにそこから抜け出せるという信念と証拠を持って接しています。

このような重要な仕事をさせていただけることを光栄に思うと共に、近々、全米に同施設が開設されることを楽しみにしています。

また、ニューヨーク市保健委員会は、薬物使用に対するハームリダクションアプローチの効果を裏付ける証拠と共に薬物過剰摂取による死亡を防ぐための行動を取る必要があると声明を発表。

米国連邦政府とニューヨーク州政府に対し、同施設を支援するよう要請を行いました。

nychealthy(ニューヨーク市保健局)ツイート日本語訳

ニューヨーク市に新設されたOPC(Overdose Prevention Center:過剰摂取防止センター )は、3週間前に開設されて以来、少なくとも59件の過剰摂取を回避し、2,000回以上の利用がありました。同施設は、薬物を使用している人が臨床ケアやサービスを受けられる安全で清潔な場所です。

米国保健福祉省のトップであるザビエル・ベセラ(Xavier Becerra)長官は最近受けたインタビューの中で、薬物依存症の人々を救うために「待っていられないところまで来ている」と述べ、違法薬物使用施設を容認することを示唆しています。(インタビュー後、保健福祉省の広報担当者によって現在進行中の訴訟の問題であると発言を撤回)

米国にはクラックハウス法と呼ばれる連邦政府によって規定された法律があり、規制物質法によって禁止されている物質の製造、流通、使用を目的とした場所を故意に開設、賃貸、賃借、使用、維持することを重罪としています。

フィラデルフィア市が薬物使用施設を開設しようとした際には、米国司法省が開設を阻止するために訴訟を起こしました。現在もこの訴訟は続いていますが、ニューヨーク市長は「命を救うことがより重要である」と述べ、同施設は開設されました。

米国司法省から訴訟を受けているフィラデルフィアの団体「セーフハウス(Safehouse)」は、政府の本件に関する回答期限が2022年3月7日まで再度延期されたことを12月22日に発表しています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

てんかん

もし、自分の子どもが薬でコントロールできないてんかんになったら、どうしますか? 抗てんかん薬には色々なものが登場してきており、約7割の発作は抑制することができるようになっています。...

70年ぶりに日本語ルール変更へ

文化庁の文化審議会は1月7日、国家公務員の文書作成の手引きとなる「公用文作成の考え方」を取りまとめ、文部科学大臣に建議しました。 ※ 建議とは、意見を申し立てること 公用文作成の基準が...

Web3.0と大麻業界

Web1.0から現在のWeb2.0、次はブロックチェーンなどの分散型ネットワークによってWeb3.0へ。仮想通貨、DeFi、NFT、GameFi、メタバース、DAOは大麻業界も変革するかもしれない。

フランス、法改正により花と葉のCBDを禁止

フランス政府は、CBDについての規制の改正を実施し、2021年12月31日に官報に掲載しました。 掲載された内容によると、「chanvre(ヘンプ)」の生の花や葉を「すべての形態で、単独で、または...