メキシコ、今年中に嗜好用大麻合法化の可能性
メキシコ、マヤ文明最大規模の遺跡 チチェン・イッツァのピラミッド「ククルカン神殿(エル・カスティージョ)」

メキシコ、今年中に嗜好用大麻合法化の可能性

/

メキシコにおいて2021年末までの間に大麻が合法化される可能性があるとCiudad Cannabisが報じています。

メキシコの政治調整委員会(Jucopo:Junta de Coordinación Política)の議長を務めるリカルド・モンレアル (Ricardo Monreal)上院議員は、11月8日(月)の政治調整委員会の後に「大麻に関する法改正を優先することを合意した」と述べ、大麻の法改正やサイバーセキュリティー問題などを今国会で優先することを自身のTwitterでツイートしています。

Embed from Getty Images

リカルド・モンレアル上院議員

また、メキシコ上院で議長を務めるオルガ・サンチェス・コルデロ(Olga Sánchez Cordero)上院議員は「このような時代に、禁止主義的な政策をとる必要はもうありません。」と述べ、今国会の12月の会期末までに嗜好用大麻の「栽培、使用、商業化」を規定する法律が可決されることを確信しています。

Embed from Getty Images

オルガ・サンチェス・コルデロ上院議員

メキシコの最高裁判所は、現在の大麻禁止法を違憲とし18歳以上の成人による個人的な嗜好用大麻を合法化すべきと発表しており、議員は国会で政策変更をし大麻合法化法案を制定する義務があります。

私たちの使命
大麻に関する誤って植え付けられた知識を正し、救われるべき人が救われる社会にする

━━━━━━━━━━

私たちのビジョン
日本国内で公共的な大麻メディアサイトとなる

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...

CBDVとは?

CBDV(カンナビジバリン)は1969年に初めて単離されたカンナビノイドで、天然の大麻草に少量しか含まれていない「マイナーカンナビノイド」に該当します。 CBDVの発見は50年以上も前ですが...

不安

「明日のプレゼンうまくいくかな」 「本番で失敗しないかな」 日常生活や仕事の様々な場面において、私たちは不安を感じる瞬間があります。 基本的に不安によって生活に支障が出ることはありませ...