メキシコ、今年中に嗜好用大麻合法化の可能性
メキシコ、マヤ文明最大規模の遺跡 チチェン・イッツァのピラミッド「ククルカン神殿(エル・カスティージョ)」

メキシコ、今年中に嗜好用大麻合法化の可能性

/

メキシコにおいて2021年末までの間に大麻が合法化される可能性があるとCiudad Cannabisが報じています。

メキシコの政治調整委員会(Jucopo:Junta de Coordinación Política)の議長を務めるリカルド・モンレアル (Ricardo Monreal)上院議員は、11月8日(月)の政治調整委員会の後に「大麻に関する法改正を優先することを合意した」と述べ、大麻の法改正やサイバーセキュリティー問題などを今国会で優先することを自身のTwitterでツイートしています。

Embed from Getty Images

リカルド・モンレアル上院議員

また、メキシコ上院で議長を務めるオルガ・サンチェス・コルデロ(Olga Sánchez Cordero)上院議員は「このような時代に、禁止主義的な政策をとる必要はもうありません。」と述べ、今国会の12月の会期末までに嗜好用大麻の「栽培、使用、商業化」を規定する法律が可決されることを確信しています。

Embed from Getty Images

オルガ・サンチェス・コルデロ上院議員

メキシコの最高裁判所は、現在の大麻禁止法を違憲とし18歳以上の成人による個人的な嗜好用大麻を合法化すべきと発表しており、議員は国会で政策変更をし大麻合法化法案を制定する義務があります。

私たちの使命
大麻に関する誤って植え付けられた知識を正し、救われるべき人が救われる社会にする

━━━━━━━━━━

私たちのビジョン
日本国内で公共的な大麻メディアサイトとなる

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

大麻の税収はアルコールの税収を超える

現在米国では18州が嗜好用大麻を合法化していますが、国際的な金融グループ「バークレイズ(Barclays)」のストラテジスト(投資戦略専門家)によると2020年に170億ドル(約1兆9,200億円)を...

WHOがクラトムの国際的禁止勧告を終了

東南アジア原産のコーヒー科の植物である「クラトム(Kratom)(日本での省令名:ミトラガイナ・スペシオーサ)」について、解禁派・規制派で論争が起こっていました。 処方箋オピオイドに代...

麻布学園と大麻

全国に数多くある私立中高一貫校の中で、戦後の中高一貫校1期生から70年以上連続で東大合格者数トップ10から一度ももれたことのない学校が1校だけ存在します。 それは、東京都港区に位置する超進...