メキシコ最高裁が嗜好用大麻を合法化すべきと発表

/

メキシコの最高裁判所は、現行の禁止法を違憲とし、18歳以上の成人による個人的な嗜好用大麻を合法化すべきと発表しました。

裁判所のアルトゥーロ・ザルディバル(Arturo Zaldívar)長官は、11人の裁判官のうち8人が、大麻の禁止を違憲とする判決を支持したことを受けて、「今日は自由にとって歴史的な日だ」と述べています。

この判決は、最高裁が定めた4月30日の期限までに、連邦議会が嗜好用大麻の合法化法案を制定できなかったことにより、出されました。

この審議中の法案では、許可を得た成人は、個人使用のために8株まで自宅で栽培することができ、28gまでの大麻を持ち運べるとしています。(現在は、5グラム以上の所持は違法)

合法化法案は、3月に下院で承認され、上院での最終承認を待っているところでしたが、最高裁判所は「必要な法律を発行するように」と議会に促しました。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

Uber EatsでTokyo Smokeの大麻の注文が可能に

Uber Eatsは、カナダのオンタリオ州で大麻の注文を受けることをプレスリリースで発表しました。「cannabis」という新たなセクションを設け、Tokyo Smokeの商品を11月22日(月)より掲載し...