安倍晋三元首相らの呼びかけで大麻活用拡大へ自民党有志が勉強会を開催

安倍晋三元首相らの呼びかけで大麻活用拡大へ自民党有志が勉強会を開催

/

大麻の産業界や医療界での活用拡大に向けた自民党有志による勉強会「産業や伝統文化等への麻の活用に関する勉強会(仮称)」の初会合が4月27日、議員会館内で開かれました。

呼びかけ人は安倍晋三元首相、森山裕総務会長代行、山谷えり子参院議員の3人。

安倍元首相は冒頭あいさつで「産業用等の大麻について、残念ながら大麻というだけで偏見を持たれてしまっている」「神事をつかさどる上において麻は必要なもの。近年はヘンプとして自動車用の部品やボディー等に使われている。カーボンニュートラルを見据えれば、ヘンプの活用が期待される」などと述べました。

そして「(大麻栽培)農家が未来を描けるように農業、産業振興の観点からも、政治の場で考えていく必要がある」と訴えました。

大麻に関しては、安倍昭恵夫人が日本での医療大麻の解禁や過疎や高齢化が進む地方の再生に大麻栽培を取り入れることなどを提言しています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...