米国連邦薬物機関のトップが、10代使用増加せず大麻合法化は正しかったと認める

/
Embed from Getty Images

米国国立薬物乱用研究所  ノラ・ボルコウ所長

米国国立薬物乱用研究所(NIDA:National Institute on Drug Abuse)のノラ・ボルコウ(Nora Volkow)所長は、8月26日に公開されたポッドキャスト「PSYCHOACTIVE」に出演。

ポッドキャストのインタビューの中で、アメリカの各州が大麻の合法化に動いたときに「若者の間で大麻の使用率が上がるのではないか」とボルコウ氏は懸念をする発言をしていましたが、懸念のあった若者の大麻使用増加に大麻合法化は繋がっていないことを認めました。

また、連邦法によって大麻と同じく長年禁じられているサイケデリックス(幻覚剤)による疾患の治療の可能性に付いても触れ、薬物犯罪については「科学の力で政策を変え、人々を犯罪者にするという考え方を、人々を治療して助け、再発を防ぐという考え方に変えていきたい」と語りました。

そして、最後にボルコウ氏は以下のように発言しました。

I don’t just like to think about problems. I like to solve them.

私は問題について考えることだけが好きなわけではありません。解決するのが好きなんです。

ポッドキャストを聞く

(全編英語)

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...