フランス、花と葉のCBDを禁止する法改正を撤廃

フランス、花と葉のCBDを禁止する法改正を撤廃

/

2021年12月31日、フランス政府はTHC0.3%未満の大麻(ヘンプ)の花と葉の販売・所持・使用を禁止する法改正を発表。しかし、「ヘンプの主成分CBDには向精神作用がなく、安全性から考えて妥当ではない」という声があったことから、この法改正の実施は暫定的に中止となり、これまで審議が行われてきました。

この法改正発表からおよそ1年が経過した2022年12月29日、政府の諮問機関である国務院は、ヘンプの花・葉を禁止する法改正の取り消しを発表。

国務院は「調査の結果、CBDにはリラックス効果、鎮静作用、抗てんかん作用はあるが、THCにみられるような向精神作用や依存性はない」「ヘンプの花や葉に含まれる成分(特にCBD)に有害性があるとは言えず、公衆衛生上のリスクがない」などと述べ、ヘンプの花と葉を禁止する合理的な理由はないとしています。

連帯・保健省の「ヘンプはTHC0.3%以上を含む向精神作用のある大麻と見分けがつきにくく、取締りが難しい」という主張に対しては、「ヘンプの花や葉のTHCの含有量は、迅速かつ安価な検査によって確認できる。そのため、これを理由としてヘンプの花と葉を禁止することは妥当ではない」と指摘しました。

フランスではすでに約2,000のCBD専門店が存在しており、売上の多くがヘンプの花によるものであったことから、この法改正の撤廃はCBD事業者やユーザーにとって、大きな朗報となりそうです。

Conseil d’État「CBD : Annulation de l’arrêté interdisant la vente des fleurs et feuilles de cannabis sans propriétés stupéfiantes」https://www.conseil-etat.fr/actualites/cbd-annulation-de-l-arrete-interdisant-la-vente-des-fleurs-et-feuilles-de-cannabis-sans-proprietes-stupefiantes

The International Cannabis Business Conference「France Lifts Ban On CBD Product Sales」https://internationalcbc.com/france-lifts-ban-on-cbd-product-sales/

RFI「Court reverses French ban on sale of cannabis-derived CBD flowers and leaves」https://www.rfi.fr/en/france/20220126-court-reverses-french-ban-on-sale-of-cannabis-derived-cbd-flowers-leaves

RFI「French court overturns government ban on sale of CBD flowers」https://www.rfi.fr/en/france/20221230-french-court-overturns-government-ban-on-sale-of-cbd-flowers

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。