フランス国内で初めて、医療用大麻の栽培を開始

フランス国内で初めて、医療用大麻の栽培を開始

/

フランス医薬品・保健製品安全庁(ANSM)の承認を初めて取得した医療大麻栽培プログラムがOverseed社によって開始されました。

フランスでは医療用大麻は原則禁止されており、今回の承認によって3000人の患者を対象とした2年間の実験が可能になりました。そのため、生産された大麻は一般流通はされず全て研究用に使用されます。

2022年末までに医薬品としての必要条件を満たす5種類の品種を選定する予定で、栽培後の抽出はStanipharm社と共同で行います。

Overseed社の創業者兼CEOのユーグ・ペリベール(Hugues Péribère)氏は「将来の医薬品開発に不可欠な、この複雑な農学的・科学的プロセスを開始できることを大変嬉しく思います。今後数ヶ月の間に遺伝学と栽培技術の専門家が大麻の可能性を最大限に引き出し、医学研究に提供することに全力を注ぎます」と述べています。

Overseed社は、GMP認証を取得した大麻の花や抽出物を国際的な医療用大麻市場に投入する予定です。

source Newsweed

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。