CBD、PTSDに対し抗うつ薬よりも優れた治療効果を示す

CBD、PTSDに対し抗うつ薬よりも優れた治療効果を示す

2022年4月9日、PTSDモデルのマウスに対し、CBDが抗うつ薬であるセルトラリンよりも優れた治療効果を示した論文が、中国の研究者らにより発表されました。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは、強い恐怖感を伴うトラウマ体験をした後、その光景・体験がフラッシュバックしたり、それに付随して様々な精神症状がみられる疾患です。

薬による治療は、セルトラリンやパロキセチンといった抗うつ薬(SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やベンゾジアゼピン系抗不安薬により行われますが、治療効果が十分にみられない場合もあり、完治に至るケースは多くありません。

そんな中、PTSDにおける恐怖記憶や精神症状において、エンドカンナビノイドシステムが重要な役割を果たしていることが明らかになってきています。

CBD(カンナビジオール)はエンドカンナビノイドの量を増やす作用に加えて、セロトニン受容体に働きかけることで抗うつ作用や抗不安作用をもたらすことが明らかになってきているため、PTSDの新たな治療戦略として期待が寄せられています。

今回の研究では、PTSDモデルのマウスに対し、CBDとセルトラリン(SSRI)を投与し、その効果が比較されました。

その結果、CBDは恐怖記憶と不安行動を減弱させ、社会的相互作用行動を増加させました。

CBDが行動テストの前・中・後のいずれの投与でも効果を示したのに対し、セルトラリンはテスト前の投与のみでしか有効性が認められませんでした。また、CBDは恐怖記憶の固定化、想起、増強を減少させましたが、セルトラリンでは恐怖記憶の想起を減少させる効果しか認められなかったと報告しています。

ただし別の研究では、事前にマウスにCBDを投与することで、恐怖条件付け後に恐怖関連症状の増悪が認められています。

また2021年に公開されたスペインの研究では、PTSDモデルのマウスに対し、セルトラリンとCBDを併用することで、それぞれを単独投与するよりも高い治療効果がみられたと報告されています。

今回の研究は、これらの中の新たなエビデンスの1つとして加わるような形となり、今後の研究に引き続き期待が持たれます。

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...