カプコン「逆転裁判」が大阪府警の大麻乱用防止キャンペーンに採用

カプコン「逆転裁判」が大阪府警の大麻乱用防止キャンペーンに採用

/

大阪府警は12月9日、法廷バトルゲーム「逆転裁判」シリーズのキャラクターを使用した大麻乱用防止のポスターやチラシの掲示を開始しました。カプコンがプレスリリースで伝えています。

逆転裁判は、2001年10月に第1作を発売して以来シリーズ累計860万本の販売本数を誇る人気作品です。ゲームだけにとどまらずTVアニメや宝塚歌劇団による舞台、オーケストラコンサートなど様々な展開も行っています。

低年齢化する大麻乱用の防止をゲームでおなじみの「異議ありポーズ」で少年の非行に待ったをかけます。  

ポスターには『大逆転裁判』の主人公「成歩堂龍ノ介」とその法務助士「御琴羽寿沙都」、龍ノ介の親友「亜双義一真」のイラストが描かれています。

この逆転裁判という作品は、「法廷バトル」と呼ばれるジャンルを生み出したゲーム。プレイヤーは主人公の弁護士を操作し、無実の罪に問われている被告人を裁判で無罪にすることがゲームの目的です。

日本で重い罪となる大麻犯罪。しかし、世界を見渡して見ると医療用途、嗜好用途で大麻は合法化、非犯罪化され、多くの方を治癒しています。

無実の罪に問われている被告人を裁判で無罪にするゲームを大麻乱用防止キャンペーンに採用した本当の意味が「大麻は無罪」ということを遠回しに伝え、裁判から栽培へ逆転させたいという大阪府とカプコンの意志が隠れていて欲しいと願うばかりです。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...