カナダ、大麻合法化後も青少年犯罪や若者の大麻使用の増加はしない分析結果を発表

カナダ、大麻合法化後も青少年犯罪や若者の大麻使用の増加はしない分析結果を発表

//

カナダでは、2018年10月に国全体で18歳以上の嗜好用大麻を合法化しました。

合法化した場合、青少年に大きな影響を与え「若者による使用が増加する」「発達中の脳に害を与える」「若者の使用は重度の精神疾患が増加する」という考えのもと、青少年犯罪が増加し公衆衛生と福祉の上で危険であり合法化すべきではないという意見や最低でも25歳以上に規制すべきなど合法化反対派、慎重派の専門家、団体が提唱していました。

今回、合法化後の約3年間のデータを分析しこれらの意見は根拠のない神話であり事実ではなかったという結果がJournal of the Canadian Academy of Child & Adolescent Psychiatryに「Youth cannabis use and legalization in Canada – Reconsidering the fears, myths, and facts three years in」というタイトルで掲載されました。

大麻を使用する若者の顕著な増加は見られないだけでなく、成人も若者も大麻関連逮捕者は減少し社会的に好影響であったと分析結果の著者らは強調しています。

カナダに限らず大麻の合法・非犯罪化地域では、未成年者保護を考え厳しく取り締まり未成年者への提供については刑を重く設定しています。

大麻合法化のカナダにおいても未成年者への提供は最高14年の懲役が科される重罪です。しかし、未成年の使用はカナダでは犯罪ではありません。

日本においては、大麻の所持は5年以下の懲役、栽培は非営利目的で7年以下の懲役、営利目的で10年以下の懲役としていますが未成年者への提供で刑が重くなることはありません。

また、未成年であっても日本では14歳以上であれば犯罪者として扱われます。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

EU、THC最大値0.3%への引き上げを最終決定

欧州連合(EU)は27の加盟国が存在し、欧州共通の政策を決定するための欧州議会が存在します。 THC最大値0.2%をヘンプ(産業用大麻)と定義しこれまで認めてきましたが、2020年10月に欧州...

ランボルギーニがCBD業界に進出

「ランボルギーニ(Lamborghini)」は、イタリアの高級自動車、スポーツカーブランドとして有名ですが、ライフスタイルブランドとして紳士服、サングラス、スーツケースなどのブランド展開や...