カリフォルニア州医療大麻合法化25周年

カリフォルニア州医療用大麻合法化25周年

/

米国カリフォルニア州では1996年11月4日に住民投票を行い、医療用大麻合法化法案である「Proposition 215」に有権者の56%の投票が集まり、法案が承認された翌日の1996年11月5日に「Proposition 215(コンパッショネートユース法)」は施行されました。

コンパッショネート・ユースとは?
代替療法が無く、生命に関わる疾患や身体障害を引き起こす疾患を持つ患者の救済を目的として、未承認薬の使用を認める制度。 Compassionate Use(直訳:思いやりのある使用)

そして、25年後の今では合法化の波が押し寄せ、米国では36の州で医療用大麻、20の州で嗜好用大麻が合法化されています。

Embed from Getty Images

「Proposition 215」のキャンペーンのリーダーのデニス・ペロン(Dennis Peron)は、全米初の州法での医療用大麻法の可決が決定した後、勝利のジョイントで祝杯をあげました。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

Uber EatsでTokyo Smokeの大麻の注文が可能に

Uber Eatsは、カナダのオンタリオ州で大麻の注文を受けることをプレスリリースで発表しました。「cannabis」という新たなセクションを設け、Tokyo Smokeの商品を11月22日(月)より掲載し...