バイデン政権、薬物犯罪者に大統領権限で恩赦を与えることに
バイデン大統領(Shutterstock)

バイデン政権、薬物犯罪者に大統領権限で恩赦を与えることに

米国では、CARES法として知られる新型コロナウイルスパンデミック救済法案に基づいて、刑務所内でのCovid-19の蔓延を懸念し、薬物犯罪によって服役していた受刑者約8000人を一時的に自宅監禁としていました。

バイデン政権は、彼らに対して再度刑務所に戻ることのないよう大統領権限による恩赦を与えるため、連邦刑務所局(BOP:Federal Bureau of Prisons)が受刑者たちに減刑申請書の提出を求め始めたとPOLITICOが報じました。

※恩赦とは、刑罰を消滅または軽減させること

 

申請書の提出を求められているのは刑務所から自宅へ移動した受刑者の中でも、刑期が4年以下の人々を対象としているようです。

ホワイトハウスや司法省は、申請書提出を求められたのは何人か、本当に対象を絞った一部なのか、対象者を拡大するのか等は明らかにしていません。

刑事司法改革の提唱者と、受刑者本人がPOLITICOに語ったことによって判明しています。

 

ホワイトハウスのジェン・プサキ報道官は8月12日に報道陣に対し、バイデン大統領が薬物犯罪者への恩赦を検討中であると述べていました。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。