世界アンチドーピング機関が大麻を禁止リストから外す検討を開始へ
トルコ、イスタンブール

世界アンチドーピング機関が大麻を禁止リストから外す検討を開始へ

世界アンチドーピング機関(WADA)は9月14日トルコ・イスタンブールで会議を開催し、同機関ホームページにて内容を公開しています。

その中で、多くの関係者からの要望を受け、アスリートの大麻の使用禁止を継続するべきかを判断するために来年大麻の科学的検証を行うことを発表しました。

また、検証期間中の2022年はアスリートの大麻の使用は禁止のままとしています。

 

今年米国では、100m走女子最速であり東京オリンピックの顔として金メダルが期待されていたシャカリ・リチャードソン(Sha’Carri Richardson)選手が米国代表選考会で優勝し東京オリンピック出場が決定したものの、薬物検査で大麻成分の陽性反応が出たため資格停止処分を受け、オリンピック出場も取り消しになりました。

その後、「大麻が医療用も嗜好用も合法であるオレゴン州で、合法な大麻を使用したことは悪いことではない」「運動能力が大麻によって上がる効果はないのだから、彼女をオリンピックに出場させるべき」など、このような内容を一般人のみならず、アスリートや著名人、ホワイトハウス、全米陸上競技連盟、米アンチドーピング機関など多くの人や団体が発信。

大麻使用を取り締まるルールこそがおかしいと声が上がっていました。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。