幻覚剤の医療効果の研究を認める修正案を米国下院が否決

/
Embed from Getty Images

アレクサンドリア・オカシオ・コルテス議員

米国議会下院は、7月27日(火)米下院議員の民主党員アレクサンドリア・オカシオ・コルテス(Alexandria Ocasio-Cortez)氏が提出した、幻覚剤(サイケデリックス)を利用した疾患の治療に関する研究を認めるための修正案を140対285で否決しました。

今回は、前回よりも幻覚剤に対する法律を改正する動きが米国のいくつかの地域で高まっている状況でした。

コルテス氏は、採決前に議会で「米国は麻薬戦争で使われた時代遅れの条項を支持し続けています。この法律は、非常に長い間、マリファナやシロシビン、MDMAといった物質に関する連邦政府の研究を阻むために存在しており、PTSDや依存症、うつ病などの病気をこれらの物質によって治療する可能性を阻止しており、私たちは遅すぎます。」と述べました。

コルテス氏は、2年前の2019年にも同様の修正案を提出しており、91対331で否決されています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...

CBDVとは?

CBDV(カンナビジバリン)は1969年に初めて単離されたカンナビノイドで、天然の大麻草に少量しか含まれていない「マイナーカンナビノイド」に該当します。 CBDVの発見は50年以上も前ですが...

不安

「明日のプレゼンうまくいくかな」 「本番で失敗しないかな」 日常生活や仕事の様々な場面において、私たちは不安を感じる瞬間があります。 基本的に不安によって生活に支障が出ることはありませ...