幻覚剤の医療効果の研究を認める修正案を米国下院が否決

/
Embed from Getty Images

アレクサンドリア・オカシオ・コルテス議員

米国議会下院は、7月27日(火)米下院議員の民主党員アレクサンドリア・オカシオ・コルテス(Alexandria Ocasio-Cortez)氏が提出した、幻覚剤(サイケデリックス)を利用した疾患の治療に関する研究を認めるための修正案を140対285で否決しました。

今回は、前回よりも幻覚剤に対する法律を改正する動きが米国のいくつかの地域で高まっている状況でした。

コルテス氏は、採決前に議会で「米国は麻薬戦争で使われた時代遅れの条項を支持し続けています。この法律は、非常に長い間、マリファナやシロシビン、MDMAといった物質に関する連邦政府の研究を阻むために存在しており、PTSDや依存症、うつ病などの病気をこれらの物質によって治療する可能性を阻止しており、私たちは遅すぎます。」と述べました。

コルテス氏は、2年前の2019年にも同様の修正案を提出しており、91対331で否決されています。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

Uber EatsでTokyo Smokeの大麻の注文が可能に

Uber Eatsは、カナダのオンタリオ州で大麻の注文を受けることをプレスリリースで発表しました。「cannabis」という新たなセクションを設け、Tokyo Smokeの商品を11月22日(月)より掲載し...