ドイツの嗜好用大麻合法化が持つ大きな意味

ドイツの嗜好用大麻合法化が持つ大きな意味

ドミノ倒しの始まりになりうる

/

ドイツが嗜好用大麻を合法化し、合法的な販売が始まるというニュースが今週流れました。

世界で初めて、国レベルで嗜好用大麻を含めて合法化を行なったのは人口350万人の国ウルグアイ。

今から8年前の2013年に世界でいちばん貧しい大統領としても有名なホセ・ムヒカ大統領が大麻合法化法案に署名しました。

続いて、2018年には人口3800万人の国、カナダが国レベルで先進国のG7の国として初めて嗜好用大麻を合法化。

これらの国の合法化にもすごく意義があります。しかし、ドイツは遥かに大きな影響を世界に与えるかもしれません。

ドイツは、アメリカ、中国、日本に次いで世界第4位の経済大国です。(ウルグアイ80位、カナダ9位)

また、ウルグアイの350万人、カナダの3800万人と比較すると多い8300万人の国であり、国際的な産業の拠点でもあるドイツは陸続きのヨーロッパに位置していることから、ドイツを起点にドミノ倒しのように合法化の波が押し寄せることも十分に考えられます。

 

現在、世界の大麻解禁のフェーズは「if」ではなく「when」である。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...

CBDVとは?

CBDV(カンナビジバリン)は1969年に初めて単離されたカンナビノイドで、天然の大麻草に少量しか含まれていない「マイナーカンナビノイド」に該当します。 CBDVの発見は50年以上も前ですが...

不安

「明日のプレゼンうまくいくかな」 「本番で失敗しないかな」 日常生活や仕事の様々な場面において、私たちは不安を感じる瞬間があります。 基本的に不安によって生活に支障が出ることはありませ...