タイ初の大麻の葉含有のスナック菓子がコンビニなどで発売開始

/

2018年に医療用大麻を解禁して以来、次々に大麻の法改正を行なっている東南アジアの国、タイ。

タイでは大麻改革が進んでおり、食品、飲料、サプリメント、化粧品など、様々な企業が参入し始めています。

そんなタイで、Jele、Lotus、Bentoなどで有名な大手食品企業のシーナーナーポン社(ศรีนานาพร、SNNP:Srinanaporn Marketing Public Company Limited)が大麻の葉入りのスナック菓子をLotusブランドから発売することを発表しました。

タイ保健省の食品医薬品局(FDA)によって承認を受けている「Lotus チキンドラムスティック ヘンプ入り BBQ味」の価格は、30バーツ(約100円)。コンビニエンスストアなどで2021年12月下旬から販売されます。

シーナーナーポン社は、今後大麻含有商品を次々に発売することを予定しており、2022年1月には「Lotus チキンドラムスティック ヘンプ入り 海苔味」、2月には大麻果汁入りの「Jele パーティーゼリー」、CBD入りの「Jele ビタミン」、大麻の葉入りの「焼きイカ Bento」の発売を予定しています。

シーナーナーポン社は最近、世界的大企業「ネスレ」と「セブンイレブン」の2社と提携し、「Jele × NESTEA」をセブンイレブンで限定発売するなどしています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

てんかん

もし、自分の子どもが薬でコントロールできないてんかんになったら、どうしますか? 抗てんかん薬には色々なものが登場してきており、約7割の発作は抑制することができるようになっています。...

70年ぶりに日本語ルール変更へ

文化庁の文化審議会は1月7日、国家公務員の文書作成の手引きとなる「公用文作成の考え方」を取りまとめ、文部科学大臣に建議しました。 ※ 建議とは、意見を申し立てること 公用文作成の基準が...

Web3.0と大麻業界

Web1.0から現在のWeb2.0、次はブロックチェーンなどの分散型ネットワークによってWeb3.0へ。仮想通貨、DeFi、NFT、GameFi、メタバース、DAOは大麻業界も変革するかもしれない。

フランス、法改正により花と葉のCBDを禁止

フランス政府は、CBDについての規制の改正を実施し、2021年12月31日に官報に掲載しました。 掲載された内容によると、「chanvre(ヘンプ)」の生の花や葉を「すべての形態で、単独で、または...